autoc-one.jp 記事・レポート 特集 PR企画 「アウディ アプルーブドオートモービル」という選択 p1_1

Audi認定中古車解説コンテンツ~新車以外の選択肢~

TOPに戻る

プレミアムブランドとして価値のあるクルマを提案し続けるアウディ

ここ数年、アウディが好調な売れ行きを続けている。
リーマンショックや東日本大震災の影響で新車販売台数が低迷する中で、販売台数で過去最高を何度も記録するなど好調な売れ行きを続け、高い人気を得ているプレミアムブランドとして、アウディは高い注目を集めている。

なぜ、これほどまでにアウディの人気が高いのか?
その理由は、バリエーションの拡充で充実したラインナップ、アウディ販売店や担当セールスマンの努力など、いくつもあると推測される。

しかし、最も当たり前で正当な理由は、アウディが送り出してきた数々の、魅力あふれるクルマ本体の魅力だろう。洗練され、高いクオリティを有する「ジャーマン・プロダクツ」はどこか優しさを感じさせる上質なインテリアをはじめ、世界に誇る四輪駆動システム「クワトロ」などの革新性を持つ。そして何より乗る人へ走る楽しさを与え、クルマそのものを魅力的にみせている。だからこそ、これだけの不景気にも関わらず高い人気を誇るのだ。

その結果、日本の自動車市場、とりわけ輸入車市場におけるアウディのプレゼンス(存在感)は、年々高まり続けており、注目度も増しているといえるだろう。

そんなアウディの好調な新車販売実績は中古車市場にも波及している。
プレミアムな1台を手頃な価格で手に入れたいというユーザーが増えており、近年のアウディは新車だけでなく中古車に対する注目も急速に高まっているのである。

そもそもアウディのクルマ作りは、単にニューモデルを重視するだけでなく、5年先、いや10年先を見据えた耐久品質にも配慮しているのが特徴だ。元々アウディはボディの防錆保証を最初に始めたブランドだけに、中古車になったからといって、アウディの魅力をスポイルする事はない。むしろ、価格が手頃になっている分、積極的に選びたくなるほど魅力的なのである。

1  ・  

新車以外の選択肢  ・  “アウディ アプルーブド オートモービル”の魅力を探る  ・  Audi認定中古車の現状と展望