autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 2011年9月度販売ランキング/松下宏

自動車評論家コラム 2011/10/13 17:07

2011年9月度販売ランキング/松下宏(1/3)

Text: 松下 宏
2011年9月度販売ランキング/松下宏

9月のマイナスは小幅に、いよいよ底打ちか

2011年9月の新車販売台数は462,191台で、前年同月に比べて2.1%の減少だった。

登録車はわずかながらプラスに転じたが、軽自動車のマイナスが続いたため、トータルではマイナスに終わった。

ただ、マイナス幅はごくわずかな幅でしかなく、東日本大震災によるマイナスは底打ちし、回復に向かっているような印象を受ける。

部品の供給難による生産の停滞も解消しており、10月以降は伸びに転じるものと期待されている。

昨年は、9月半ばでエコカー補助金が予算消化によって打ち切られているので、10月以降の前年対比は伸びを示しやすい状況にある。

一方、9月の輸入車について、日本メーカー車を含めた輸入車新規登録台数の合計は、33,980台で前年同月に対し13.3%増加した。

海外メーカー車の輸入車新規登録台数は26,200台で、前年同月に対して19.8%の増加となった。

日本メーカーの輸入車は、乗用車は日産のマーチやトヨタのアベンシス、スズキのスプラッシュなど、トヨタは商用車のタウンエース/ライトエースもある。

海外メーカーはフォルクスワーゲンが日産を超える6,444台を登録して、フォルクスワーゲンの9月としては過去最高となり、同様にアウディも2,783台を登録して9月としてやはり過去最高、ボルボも9月までの時点で昨年の年間台数を上回るなど、各社好調な数値を示している。

プリウスが記録的な販売台数を達成

トヨタ プリウスαホンダ フィットシャトル

※()内の数値は販売台数

1位:プリウス(33,197)/2位:フィット(27,980)

3位:ワゴンR(16,244)

トップ3のランキングは9月も変わらなかった。

プリウスαが加わった「トヨタ プリウス」は「33,197台」と、3万台を超える記録的な販売台数を達成して首位をキープ。1車種の販売台数が月に3万台を超えたことは近年にはなく、トヨタの全ディーラーで販売しているとはいえ、とてつもない数字になった。

トヨタ全体としては9月は「135,418台」だったので、なんと4台に1台がプリウスという一本被りの売れ行きになっている。

2位の「ホンダ フィット」も凄い。

フィットシャトルが加わったことで「27,980台」を記録し、生産や販売が復調したことを示している。ホンダの9月は軽自動車を合わせても55,403台だったから、こちらも売れたホンダ車の半分以上がフィットであり、プリウスよりも顕著な一本被りとなった。

3位の「スズキ ワゴンR」も16,244台だから、比較的良く売れたといえるが、それでもプリウスの半分以下、フィットとは1万台以上も少ない台数にとどまった。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!