autoc-one.jp 記事・レポート 特集 エコカーの真相 エコカーの真相/第十一回 聖地「ニュル」にエコカーは居るのか!? 3ページ目

エコカーの真相 2011/9/21 13:14

エコカーの真相/第十一回 聖地「ニュル」にエコカーは居るのか!?(3/3)

Text: 桃田 健史 Photo: 桃田健史
エコカーの真相/第十一回 聖地「ニュル」にエコカーは居るのか!?

ライセンスも、誓約書も、免許の提示すらないニュルでのスポーツ走行

では最後に、ニュルのスポーツ走行についてご説明しておく。

事前の予約はいらない。サーキットライセンスなんていらない。誓約書にサインもしない。

それどころか、免許証の提示もない。映画でも見るように、チケットをその場で買えば良い。そのチケット売場は、F1やDTMが開催されるグランプリコース側ではなく、バックストレートの中央付近にあるノルドシュライフェ(北フルコース)専用のパーキング内にある。

さらには、ノルドシュライフェの中間部分で、コース内で標高は最も低くなるアデナウという街でも、チケット購入とコースへの出入りが可能だ。

チケット料金は1周券が24ユーロ(1ユーロ110円換算で、2640円)。4周券が89ユーロ(9790円)、15周券が310ユーロ(34100円)、そして25周券が470ユーロ(51700円)だ。

ヘルメット着用は個人の判断。走行参加者中、ヘルメット着用は1~2割程度だ。

なおこのスポーツ走行、バイクも一緒に走る。さらには、観光バスがコース内に入ることもある。ブラインド高速コーナーで、いきなり目の前に観光バス(!)なんて恐怖の体験が楽しめる。

年間を通じて、数人の死者も出る、ニュルのスポーツ走行。

そうした、とんでもない状況に対して、地元州政府が運営するニュル管理会社の関係者は「すべては自己責任」とあっさり答える。

産業がほとんどないこの地域にとって、ニュルは地元経済の要なのだ。

ニュルのスポーツ走行の日程・走行時間帯など、詳しいことは、ニュルのホームページ(http://www.nuerburgring.de/en.html ドイツ語・英語・フランス語のみ)をご確認頂きたい。

筆者: 桃田 健史
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!