autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 2011年7月 販売ランキング/松下宏 4ページ目

自動車評論家コラム 2011/8/9 15:47

2011年7月 販売ランキング/松下宏(4/4)

Text: 松下 宏
2011年7月 販売ランキング/松下宏

31位~45位:軽自動車需要の強さが表れる

トヨタ シエンタ

31位:ティーダ(2,594)/32位:MRワゴン(2,378)

33位:エクストレイル(2,355)/34位:シエンタ(2,351)

35位:ekワゴン(2,328)/36位:エブリイワゴン(2,316)

37位:ステラ(2,283)/38位:エッセ(2,244)

39位:アイシス(2,209)/40位:レガシィ(1,900)

41位:プレマシー(1,895)/42位:マークX(1,846)

43位:ゼスト(1,772)/44位:プレミオ(1,742)

45位:アクセラ(1,703)

31位以下のランクになると、また軽自動車の台数が多くなる。

32位の「スズキ MRワゴン」、35位「三菱 ekワゴン」、36位「スズキ エブリイワゴン」、37位の「スバル ステラ」、38位の「ダイハツ エッセ」という具合で、軽自動車需要の強さを示している。

久々にランク入りしてきたのは34位の「トヨタ シエンタ」で、一時は絶版状態になっていたが、スポーティな感覚のダイスを設定するなどして、マイナーチェンジが復活してきた。

ほかにも39位「トヨタ アイシス」、44位「トヨタ プレミオ」、45位「マツダ アクセラ」などは前月はランキングから外れていたが、7月は復活した車種だ。

逆に、クラウン、エスティマ、ヴェルファイア、インサイト、ジムニーなどがランクから外れている。

筆者: 松下 宏
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!