autoc-one.jp 記事・レポート 特集 エコカーの真相 エコカーの真相/第七回 エコカー以上のエコ「電動アシスト自転車」がブレイク! 3ページ目

エコカーの真相 2011/7/6 13:11

エコカーの真相/第七回 エコカー以上のエコ「電動アシスト自転車」がブレイク!(3/3)

Text: 桃田 健史 Photo: 桃田健史
エコカーの真相/第七回 エコカー以上のエコ「電動アシスト自転車」がブレイク!

見た目とは全く異なる、もの凄い「安定感」

「百聞は一走にしかず」

これが、ヤマハが掲げる電動アシスト自転車のPR用語だ。

電動アシスト自転車、名前は知っているけど乗ったことがない。または、随分前に乗ったことはあるけど、最近のは知らない。そんな人が大勢いる。

筆者は過去、国内各メーカーの電動アシスト自転車を試乗している。そして乗るたびに、「これはもう、自転車じゃないな」と、その技術進化に驚かされてきた。しかし、そういえば幼児2人同乗基準適合モデルに乗ったことがなかった。

そこで今回、子持ちオヤジになったつもりで、ヤマハ「リトルモア」を念入りに試乗してみた。

ヤマハ PAS リトルモア

まず、外観がとんでもない。

リアのチャイルドシートは「まあ、許せるな」という印象。だが、ハンドルの前にドッカ~ンとデッカイチャイルドシート。そこに子供の模型がズッシリと乗っている。

「こんなの付いていて、ハンドルがふらつくに決まっているだろ?」

と、筆者の不安感は急上昇。ところが・・・

走り出しで、全くハンドルがふらつかない。ホイールは小径22型で、しかもフレームは低重心。フレームのデザインも跨ぎやすいように、足元はフラットな形状だ。

さらに、スラローム走行してみたが、グラっという感じでハンドルが急にとられることは全くない。前方に障害物があるイメージで、急な車線変更をしてみても、シャーシ全体がズッシリとした安定感がある。

さらに、急な上り坂の下で一旦停止。アシストレベルを「強」にして、右ハンドルにあるギア設定を一番軽めにセット。そして、ごくごく軽~くペダルをこぎ始めると・・・、

グイ!グイ!グイ!と、まるで電気自動車のようにトルキーな発進。ハンドルがぐらつくことは全くない。なんだか、不思議な気持ちだ。

スイスイと、そしてズッシリと急坂を上っていく。こうした感想をヤマハのマーケティング担当者に話すと「売れている理由、分かって頂けましたよね」とニコニコ顔だった。

ヤマハ電動アシスト報道試乗会にて

日本のものづくりが集約された乗り物、それが電動アシスト自転車だ。中国、ヨーロッパにも電動アシスト自転車は数多く存在する。だが、日本製の“実走感”は極めて高い。

まだ電動アシスト自転車未体験の方は、是非一度、近くの販売店などで、日本メーカー製の電動アシスト自転車に乗ってみて頂きたい。

「百聞は一走にしかず」を実感することは間違いないだろう。

今後、電動アシスト自転車の普及が、日本でのクルマ離れを後押しする可能性は高い。

だがそれは、技術進化、エコ社会、新しい街のあり方など、「人としての生き方」を考える時、自然な流れなのかもしれない。

電動アシスト自転車は、エコカー以上にエコな乗り物なのだから。

筆者: 桃田 健史
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!