autoc-one.jp 記事・レポート 特集 エコカーの真相 エコカーの真相/第七回 エコカー以上のエコ「電動アシスト自転車」がブレイク! 2ページ目

エコカーの真相 2011/7/6 13:11

エコカーの真相/第七回 エコカー以上のエコ「電動アシスト自転車」がブレイク!(2/3)

Text: 桃田 健史 Photo: 桃田健史
エコカーの真相/第七回 エコカー以上のエコ「電動アシスト自転車」がブレイク!

電動アシスト自転車が生まれて17年目、大幅にモデルチェンジ!

電動アシスト自転車をメーカー別で見ると、2つの勢力に分かれる。

「ヤマハ+ブリヂストン」と「パナソニック」だ。「ヤマハ+ブリヂストン」では、自転車本体を「ブリヂストン」が担当し、電動系ユニットを「ヤマハ」が開発している。

対する「パナソニック」は、パナソニックサイクルテック(旧ナショナル自転車)が車両に関わる全開発を行っている。

また、今年4月1日で「三洋電機」が「パナソニック」に吸収合併されたため、「三洋電機」の電動アシスト自転車事業は「パナソニック」との融合が検討されている。

電動アシスト自転車の原型は、ヨーロッパのモペット。

日本型モペットの第一号は1980年、ナショナル自転車(当時)が販売した「エレクトリック・サイクル」だ。しかしこれは原付扱いだった。そのためヘルメット着用、ナンバープレート取得などが義務付けされ、自転車というイメージではなかった。

それから14年後の1994年、ヤマハによる国への働きかけが実を結び、自転車扱いとしての電動アシスト自転車が登場。

その商品名が「PAS」だ。

ヤマハ電動アシスト報道試乗会にて

「PAS」が登場して今年で17年目の2011年。8年ぶりのフルモデルチェンジとなった。

ラインアップは、いわゆるママチャリ系の軽快車/ナチュラシリーズ、CITY車シリーズ、小径車シリーズ、さらに幼児2人同乗基準適合の子乗せ車シリーズだ。

今回のモデルチェンジ、その注目点は5点ある。

(1)新ドライブユニット/耐久性と静粛性が向上

変速ギア位置に応じた最適制御→低いギアでのアシスト範囲の拡大

(2)新バッテリーボックス採用、長生きバッテリー(これまでの2倍)搭載

繰り返し充電回数が、旧型の350~450回→新型では700~900回へ。つまり、6Ahバッテリーパック(33,600円)分がお得に。

(3)デジタルメーター付きの新スイッチ

バッテリー残量表示をデジタル表示。残量21%まで10%刻み、同20%以下は1%刻み。

(4)新フレーム/新デザイン

乗り降りし易い。男女兼用を意識した様々なカラーバリエーションを設定。

(5)保障期間の拡大

従来の1年間保証から大幅に拡大。バッテリー(2年間)、ドライブユニット(3年間)、フレーム・フォーク(3年間)

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!