autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート 延期されていたD1がようやく開催!-TOKYO DRIFT IN ODAIBA-

イベントレポート 2011/6/8 08:49

延期されていたD1がようやく開催!-TOKYO DRIFT IN ODAIBA-

Text:
延期されていたD1がようやく開催!-TOKYO DRIFT IN ODAIBA-

11年目に入ったD1グランプリシリーズ。

震災の影響で東京開催が危ぶまれていたものの、関係者の努力と熱いファンの声に第1、2戦が繰り下げ開催された。

6月4日(土)・5日(日)にお台場特設会場で行われたD1グランプリは、観戦スタンド目前でプロの迫力あるドリフト走行が見られるのが大きな魅力だ。

高次元の走りは、まるで氷上を舞うスケート選手の優雅さもあるが、エンジン音、タイヤの煙や匂いは臨場感バツグンの大迫力。

勿論、レース観戦以外でも、DRIFTブランドやメーカー&SHOPの物販ブース、レースクイーンのステージなど見どころ満載。

また、トヨタが世界に送りだした限定生産のスーパーカー「LEXUS LFA」が展示され、デモ走行でドリフトも披露して観客の度肝を抜いてくれた。

ドリフト技術と美しさを競う「単走」優勝は、土曜日の第1戦は高橋邦明選手、日曜日の第2戦は川畑真人選手。

2台で対戦走行して、相手に合わせるドリフト技術やライン取りを競う「追走」優勝は、第1戦は今村陽一選手、第2戦は川畑真人選手が栄光に輝いた。

また、総合優勝は、第1戦・今村陽一選手、第2戦・川畑真人選手に決定した。

今年は、あと4戦を残してまだ、波乱含みのシリーズチャンピオン。次回は6月26日(日)、岡山国際サーキットでの開催だ。

熱いDRIFTを、是非ご覧あれ!

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!