autoc-one.jp 記事・レポート 特集 エコカーの真相 エコカーの真相/第五回 究極のエコカー・バックヤードビルダー、英タービンカーと日本・タケオカ自動車工芸 3ページ目

エコカーの真相 2011/5/31 13:16

エコカーの真相/第五回 究極のエコカー・バックヤードビルダー、英タービンカーと日本・タケオカ自動車工芸(3/3)

エコカーの真相/第五回 究極のエコカー・バックヤードビルダー、英タービンカーと日本・タケオカ自動車工芸

日本でも期待の高まる「バックヤードビルダー」

小型電気自動車の製造メーカーとして、全国各地に「タケオカファン」が大勢いる。

実は、同社の前身は看板制作の工場だった。

同社は、1982年に小型車両の製作を開始。これは、道路運送車両法で「ミニカー」という分野だ。そして1997年には「電動ミニカー」へと進出。以来、日本の電気自動車メーカーの草分け的存在として、テレビ、新聞、雑誌など様々なメディアに取り上げられている。

筆者は先日、富山市中心部から車で15分ほどのタケオカ自動車工芸本社を訪問し、同社の武岡栄一社長と、社長の息子さんで専務の武岡学さんにお目にかかった。

現在、同社の従業員は11人。

年産約100台規模で、「ミリュー」「ミリューR」「T-10」「ルーキー」など様々な「電動ミニカー」を製造している。

事務所の机上には、過去に受けた各種取材時の写真があった。女優・室井滋さんや、ワハハ本舗所属の女優・柴田理恵さんなど、富山県出身の芸能人による来訪取材の様子が紹介されていた。

そして武岡社長に工場内を案内して頂いたが、まさしくそこはバックヤードビルダーだった。

シャーシも鋼材からゼロから作り、ボディのファイバーもゼロから成型していた。そこに、アメリカ製のモーターとインバーター(制御装置)などをタケオカのノウハウで改良を加えて搭載している。

同社はいま、国土交通省が推進している「超小型モビリティ」に対応した新型車両を開発中だ。

武岡社長は「ウチは規模が小さく、小回りが効く。だから、小規模生産ならば大手メーカーと十分、競争していける」と自信を見せた。

世界的に次世代エコカーへの転換が進むいま、英国で、そして日本で、バックヤードビルダーたちへの期待が高まっている。

筆者: 桃田 健史
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!