autoc-one.jp 記事・レポート 特集 エコカーの真相 エコカーの真相/第三回 隠れた大物、台湾の電気自動車 3ページ目

エコカーの真相 2011/4/27 21:03

エコカーの真相/第三回 隠れた大物、台湾の電気自動車(3/3)

Text:
エコカーの真相/第三回 隠れた大物、台湾の電気自動車

世界的に評価の高い、台湾メーカーの設計能力

テスラ ロードスターBMW MINI E

さて、最後にもう1点、台湾の電気自動車に関してご紹介しておきたいことがある。

上記にあるように、「Luxgen EV」はリチウムイオン二次電池「18650」を大量使用する仕組みだ。

これは、米テスラ「ロードスター」BMW「Mini E」でも使われている方法である。

どうしてこれら三車は、同じ方式なのか?

その理由は、これが同じ会社のアイディアだからだ。その会社とは、AC Propulsion社(以下ACP/カリフォルニア州サンディマス市)。

同社が1990年代後半に開発した「tzero」というEVの基本技術を、テスラ創業者が特許料を支払いながら使用したのだ。現在、テスラとACP社との契約関係は未公開だ。

またBMWはACPに「Mini E」の開発を完全委託した。そして、裕隆汽車もACPと「Luxgen EV」を共同開発した。

こうした因果関係のなか、ACPは開発当初、台湾製の部品を多く使ってきた。その影響から、テスラ「ロードスター」の場合、モーターは台湾の富田電機(Fukuta)、制御系は台湾の致茂電子が一括生産している。

なお、ACPの制御系については「現在は(中国)上海で製作している」(ACPのトム・ゲージ社長)という。

また、2011上海モーターショーに展示された、中国最大手自動車メーカー「上海汽車」のEVでは、電動モーターは台湾のTyco社製だった。

振り返れば・・・、iPad、 iPhoneの部品にも台湾メーカー製が多い。デスクトップパソコン、ノートパソコンのECUは台湾メーカーのシェアが高い。

電気/電子分野ではすでに、台湾メーカーの設計能力の高さは世界的な評価を得ているのだ。となればEVでも・・・。

世界各地でEV普及が進むなか、今後、台湾の動向から目が離せない。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!