autoc-one.jp 記事・レポート 特集 エコカーの真相 エコカーの真相/第三回 隠れた大物、台湾の電気自動車

エコカーの真相 2011/4/27 21:03

エコカーの真相/第三回 隠れた大物、台湾の電気自動車(1/3)

エコカーの真相/第三回 隠れた大物、台湾の電気自動車
台北市内の様子

台北で、台湾製の電気自動車・裕隆汽車「Luxgen EV」を試乗した。

裕隆を日本語で発音すると「ユゥーロン」。同社はルノー日産と関係が深い。でも、この「Luxgen EV」は日産「リーフ」との技術的な関係は全くない。

「Luxgen」は、裕隆汽車の高級ブランドとして2009年に発表されたばかり。現在、SUVの売り上げが好調だ。

デザインのイメージは、米GMビュイックを連想させる。実は裕隆汽車は台湾国内で、ビュイックでの販売一括権利を持っている。

「Luxgen EV」については2010年11月、電気自動車と燃料電池車の世界フォーラム 「EVS25」(中国・深セン市)で世界初公開された。その後、台北で開催された国際花博覧会会場で20台が実証走行を行ってきた。

今回、台北市で開催された「第一回台湾国際電動車両展(EV台湾)」を取材した際、裕隆汽車の幹部やEV開発担当者から「Luxgen EV」 に関する詳しい説明と試乗の機会を得た。

「Luxgen EV」のスペックは、最高出力150kw、最大トルク222Nm、満充電での航続距離はアメリカのテスト規格のLA4モードで200kmだ。

Luxgen EVの電池モジュール

車体の床下に搭載するリチウムイオン二次電池・電池パックには、パソコンなどに使う「18650」(直径18mmx長さ65mmの円筒型)を6,000本組み込んだ。

試乗コースは、台北市街中心部からひと山超えた先の台北動物園まで、往復約15km。途中、高速道路も使った。

今回は助手席での同乗走行であったが、それでも電気自動車としての「出来の良さ」は十分実感できた。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!