autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 2011年3月 販売ランキング/松下宏 2ページ目

自動車評論家コラム 2011/4/11 11:32

2011年3月 販売ランキング/松下宏(2/2)

Text: 松下 宏
2011年3月 販売ランキング/松下宏

11位~20位:モコやマーチも好調な売れ行き

11位:ダイハツ ミラ(8,321)/12位:トヨタ カローラ(7,136)

13位:日産 モコ(6,762)/14位:日産 マーチ(6,450)

15位:マツダ デミオ(6,375)/16位:ホンダ ステップワゴン(6,251)

17位:トヨタ パッソ(5,790)/18位:三菱 ekシリーズ(5,547)

19位:トヨタ ラクティス(5,533)/20位:トヨタ ヴォクシー(4,928)

11位から20位までの車種では、13位の「日産 モコ」と14位の「日産 マーチ」が注目される。いずれも比較的新しいクルマで好調な売れ行きを見せている。

日産 マーチ

3月だから当然といえば当然だが、マーチの台数は販売目標台数を大きく上回り、モコの台数はOEM元であるMRワゴンの2倍以上に達している。

ただ、こうした好調な車種があるものの、日産全体としては必ずしも好調とはいえない。3月のメーカー別の販売台数では、わずかな差だがダイハツやスズキにも抜かれて5位に低迷している。

11位の「ダイハツ ミラ」や12位の「トヨタ カローラ」はモデルサイクルが長期化しているので、このあたりが妥当といえば妥当なランク。軽自動車を含めた台数とはいえ、カローラが10位以下というのは時代が大きく変わったことを示している。

このほか、コンパクトカーの「マツダ デミオ」が15位、「トヨタ パッソ」が17位。ミニバンの「ホンダ ステップワゴン」が16位、「トヨタ ヴォクシー」が20位に入っている。これらも、まずまず妥当な順位である。

21位~31位:ルークスもパレットを上回る売れ行き

21位:日産 ルークス(4,884)/22位:日産 ノート(4,667)

23位:スズキ パレット(4,150)/24位:トヨタ ウィッシュ(4,011)

25位:スズキ スイフト(3,813)/26位:トヨタ ノア(3,767)

27位:スズキ ソリオ(3,765)/28位:日産 キューブ(3,551)

29位:トヨタ ヴェルファイア(3,499)/30位:トヨタ クラウン(3,476)

31位:トヨタ エスティマ(3,337)

21位から30位までの車種では、まず21位の「日産 ルークス」が注目だ。

これも2月に続いてOEM元のパレットを上回る台数となり、日産の販売力の強さを際立たせる形になった。スズキのディーラーとしては、日産と競合する車種はなく、ワゴンRやアルトに力を入れているのかも知れない。

スズキ スイフト

そのスズキ車では、25位に「スイフト」、27位に「ソリオ」が入っている。

2月にソリオがスイフトを上回る売れ行きを示していたが、3月はスイフトが上位に来た。それでも、ソリオは良く売れていると思われる。

30位の前後には、29位にヴェルファイア、30位にクラウン、31位にエスティマと、比較的価格の高いトヨタ車が並んでいる。このあたりのクルマをしっかり販売しているから、トヨタは強いし利益もきちんと上がるのだ。

このほか、圏外だが40位にCT200hとステラが並んでいる。レクサスブランド車が登録車で30位以内にまで入ったのは初めてではないか。また、ステラもスバルのオリジナル軽自動車として根強い売れ行きを続けている。

筆者: 松下 宏
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!