autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 2011年2月 新車販売ランキング/松下宏 2ページ目

自動車評論家コラム 2011/3/23 14:15

2011年2月 新車販売ランキング/松下宏(2/3)

Text: 松下 宏
2011年2月 新車販売ランキング/松下宏

11位~20位:本家スズキの「パレット」を日産のOEM「ルークス」が上回る

※()内は販売台数

11位:ホンダ フリード(7,032)/12位:トヨタ ラクティス(6,781)

13位:ダイハツ ミラ(6,778)/14位:トヨタ カローラ(6,495)

15位:トヨタ パッソ(5,909)/16位:日産 ルークス(5,719)

17位:スズキ パレット(5,262)/18位:マツダ デミオ(5,196)

19位:ホンダ ステップワゴン(5,151)/20位:トヨタ ヴォクシー(5,141)

11位から20位には、コンパクトカーが多くラインナップされている。

11位の「ホンダ フリード」は、コンパクトボディの中に2列シート車と3列シート車をラインナップ。昨年追加された、積載性を重視したフリードスパイクも良く売れている。

トヨタ パッソ

12位の「トヨタ ラクティス」と15位の「トヨタ パッソ」は、いづれも2010年中にフルモデルチェンジを受けた新型車だ。

好調な売れ行きも当然といえば当然だが、どちらもクルマの魅力が抜きん出ているというワケではないので、この勢いがどこまで続くのかといったところ。販売力だけで突っ走るには限界があるだろう。ほか、18位「マツダ デミオ」もコンパクトカーだ。

軽自動車は13位「ダイハツ ミラ」のほか、16位の「日産 ルークス」と17位の「スズキ パレット」。

日産 ルークス

スズキから日産へのOEM供給車では、「スズキ MRワゴン」は「日産 モコ」にボロ負けの売れ行きだったが、「スズキ パレット」は「日産 ルークス」を上回る売れ行きを続けてきた。だが、ここへきて1月、2月と連続して「日産 ルークス」に売り負けてしまっている。

19位と20位には「ホンダ ステップワゴン」と「トヨタ ヴォクシー」が入った。

いずれも安定した売れ行きではあるが、2月は大躍進した「日産 セレナ」に大差を付けられた。23位の「トヨタ ノア」も含め、3月以降ミニバンの販売合戦が注目される。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!