autoc-one.jp 記事・レポート 特集 PR企画 チャイルドシートを侮るなかれ!こんなにすごいぞ!Aprica index2

チャイルドシートを侮るなかれ!こんなにすごいぞ! Aprica

1000回以上の衝突実験 説得力あります!

では、アップリカのチャイルドシートはどのようにして開発されているか、ちょっと覗いてみましょう。自社の衝撃試験場を持つアップリカでは、世界初のセンサー付き2.5kg新生児ダミーをはじめ、あらゆるダミー人形を使った衝撃実験を、新製品開発の段階で500回以上、年間で1,000回以上も行っています。そして、「赤ちゃん医学」と「育児工学」の研究に基づいた製品開発で、赤ちゃんを守るために、さまざまな状況を想定した実験を行い、安全性を追求しています。
「それだけの衝撃実験を行っているのって、すごい説得力。そんなアップリカのチャイルド&ジュニアシート「ユーロハーネス DX」は見た目からもそうした機能美みたいなものが、出てますよね。あと、触ってみて感じたのが、腰の部分とか頭の両側とか、クッションがしっかりしててサポート性が高そうだなと」。

長時間、同じ姿勢で座っていると、腰に負担がかかるのは子どもも同じ。また、頭が重たい子どもは眠った時の揺れに対する負担が大きい。「ユーロハーネス DX」には腰を支えるランバーサポートと、子どもの頭の状態に合わせて支えるアジャスタブルヘッドレストがあるので、長時間ドライブの快適性がかなりアップしています。
「それからやっぱり、いくら良いチャイルドシートでも、しっかりと取り付けてないと意味がないじゃないですか。その点、アップリカは自動車メーカーと協力して、ちゃんと取り付けられるかの調査を1台1台やってますよね。そういうところも、すごく信頼できるなぁと感じます」

ウンウンとうなずきながら、「ユーロハーネス DX」に座るショウタくんを眺めるパパの目は、いつもよりちょっと優しくなっているかも。公園までの道中も、今日はグンと安心感が高まっているようでした。

アップリカチャイルドシートへの感想募集中!

只今、アップリカと共同で上記内容のご意見・ご感想を募集中です。
例えば…
・装着率の低さ、誤使用率の高さに驚きました。
・6歳以上でもジュニアシートの必要性を感じました。
・大事な子供の命を守るもの、親として改めて購入を検討しようと思いました。
・11歳まで長く使え、デザインも黒ベースで車に合うので、実物を確かめようと思います。
こんなことをお気付きになられた方は以下フォームよりご入力・送信いただくと
先着150名様に500円分Quoカードをプレゼントしちゃいます!
↓↓↓↓詳しくは以下↓↓↓↓

親としてチャイルドシート選びには妥協できません! 1000回以上の衝突実験説得力あります! 1台で二役!?ジュニアシートにも変身するなんて感激です! ちょっとした気遣いが、ママ心をくすぐられました!