autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート 全日本EVレース 現地レポート/桃田健史 2ページ目

イベントレポート 2010/7/20 15:05

全日本EVレース 現地レポート/桃田健史(2/2)

Text: 桃田 健史 Photo: 桃田健史
全日本EVレース 現地レポート/桃田健史

猛暑の中でのEVレース、その結果は果たして!?

午前中の予選では、気温34度、路面温度67度という条件下で、テスラ、i-MiEVともにモーターのオーバーヒートに悩まされていた。そのなか、ポールポジションは飯田選手のテスラが1分21秒304、二番手に植田選手のテスラが1分27秒600、三番手に大串信選手のi-MiEVと続いた。

午後3時、決勝レース(21周)スタート時、気温は34度ながら路面温度は55度まで下がった。5秒前の表示の後、「ほぼ無音」状態で、各車きれいにスタンディングスタート。

レースは予想通り、飯田選手のテスラがリードし、少し遅れて植田選手のテスラ。その後方から4台のi-MiEVが団子状態で追う展開。各車はバッテリーの残量と、モーターの加熱を気にしながらの走行。

レース序盤、思いのほか、テスラとi-MiEVの差が広がらない。レース中盤、モーター加熱を懸念してペースダウンしていた植田選手がペースアップし、テスラ1・2体制。

レース終盤は、i-MiEVのなかでペースに差が出始めた。これはウォームアップ走行の後、十分な充電が出来ていなかったクルマがいたためだ。最終ラップの最終コーナー、飯田選手はリアを大きくドリフトさせてフィニッシュ。全日本EVの初代ウィナーに輝いた。二位は植田選手、三位は大串選手となった。

同理事でレース運営を取り仕切る富沢久哉氏は、本シリーズの意義についてこう語る。

「60年代、鈴鹿で日本でレースが始まったあの頃。また80年代、富士でWEC(世界耐久選手権)が始まったあの頃。EVレースは、そうした過去に日本人が体験した『レース創世記』にあります。量産車や改造車など、様々な技術レベルのクルマが混走するのは、創世記としては当然の姿。

きょうが、日本の本格的なEVレースの第一歩です。今回のテスラは、WEC時代に欧州最強で日本上陸したロスマンズ・ポルシェのようなイメージ。そこに日本陣営が戦いを挑むような構図を考えました」という。

同シリーズの将来構想については「来年も2回か、それ以上の回数で開催したい。カテゴリーも増やして、多くの方が参加出来るレースにしたい」という。今回レース会場には、レース関係者も数多く視察に訪れており、今後の日本でのEVレース本格的な盛り上がりの期待が高まっていた。

同シリーズ第二戦は11月7日、岡山国際サーキットで決勝が行われる。

筆者: 桃田 健史
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!