autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム EVの親しみやすさは「良い意味での」家電製品/竹岡圭 2ページ目

自動車評論家コラム 2010/6/18 11:14

EVの親しみやすさは「良い意味での」家電製品/竹岡圭(2/2)

Text: 竹岡 圭
EVの親しみやすさは「良い意味での」家電製品/竹岡圭

EVに必要なデザイン力を持っている「BMW MINI-E」

BMW MINI-E

さて、お次は「BMW MINI-E」。

こちらはガソリン車の「BMW ミニ」のEVコンセプトモデルという位置付けだ。現在、世界各国で実証実験を行っていて、来年からは日本でもモニター実験が行われる予定となっている。

MINI-Eの走行性能はまだ粗削りなのだが、ミニクーパーとミニクーパーSの中間くらいのパワフルさという謳い文句通り、セッティングの煮詰めができたらものすごくパワフルなクルマになるのは間違いなさそう。

しかし、ガソリンタンクが位置していた後部にガーンと電池が積まれている上でのFFというレイアウトだから、結構まとめるのは大変かもしれない。

まぁガソリン車のミニもゴーカートライクな元気の良さが売りなので、ミニの味を損なわないような上手い味付けを期待したいと思う。

BMW MINI-E

MINI-Eでいちばん特徴的と思えるのは、そのデザインだ。思わず「カワイイッ!」と誰もが言ってしまうくらい、ひとつひとつのデザインがキュート。

i-MiEVにしてもリーフにしても、デザインがマジメ過ぎるのがいけない。パッと見た分かりやすさとか、オーソドックスさとか、クリーンエネルギーとしてのEVにこだわりすぎているきらいがあるのだ。

このあたりMINI-Eは革新的で、わかりやすいにもかかわらずとってもオシャレ。

ビックリするような未来的な機能はないのだが、WindowsとMACの違い?とでも言えばいいだろうか、ちょっと使い勝手が悪かったり不安定さがあっても「オシャレだからMACにしちゃおうかな~」と、心揺るがすだけの惹きつけるデザイン力の高さを持っているのである。

言ってみれば、いちばんEVに必要なデザイン力を持っていると言っていいのではと思う。

3モデルに共通するのは「親しみやすさ」

3車3様のEV達だが、この3車が持つ特徴を上手くミックス&バランスしたら最高のものができると思う。i-MiEVの親しみやすい使い勝手、リーフの親しみを覚えさせる機能、MINI-Eの親しみを抱かせるデザイン。想像するだけで最強の布陣だ。

こんなEVが出てきたら、間違いなく女性は飛びつくと思う。というのも、女性は機械というと、それだけでなんとなく苦手感を持ってしまいがちなものだからだ。

例えば、パソコンだったら「いろいろいじって壊れちゃったらどうしよう。これクリックしてウイルス感染しちゃったらどうしよう・・・?」と不安になる。ところが、携帯電話だと気軽にいろいろトライできたりするから不思議。

これが内燃機関を持つ、いわゆる普通の自動車だったら「ここ触って壊れちゃったらどうしよう。ボンネットなんか開けて爆発したらどうしよう・・・?」と不安になる。ところが、電気自動車だと気軽に付き合えそうな気がするから不思議だ、となる。

つまり電気自動車は、「いい意味での家電製品」なのだ。

家電製品の一貫のような「親しみやすさ」を覚えて、自分の世界が広がる気軽なアイテムとして付き合えそうな気にさせてくれるもの。

これから増えてくるであろうEVに、ますます期待を寄せてしまうのだった。

筆者: 竹岡 圭
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!