アウディ フルブレーキで極限状態の安全性能を体感!

記事・レポート 特集 イベントレポート フルブレーキで極限状態の安全性能を体感!

アウディ ドライビングエクスペリエンス 体験レポート (2/4)

アウディ 車種情報

Text :
Photo:
オートックワン編集部
フルブレーキで極限状態の安全性能を体感!

フルブレーキで極限状態の安全性能を体感!

最初のプログラムは、フルブレーキング。優れたアクティブセーフティ性を体感する。

走行する車両はA4セダンの2.0TFSIクワトロ、インストラクターは女性モータージャーナリストの飯田裕子さんだ。

多くの人は、よほどのことがなければ一般道でフルブレーキングの操作をすることはないはず。たんに思いっきりガツンとブレーキを踏めばいいわけだが、見ていると、これができない人が意外と多い。

80km/hまで加速し、ウェット路にある目印のパイロンでフルブレーキング。

クワトロは、2輪駆動と異なり4輪にエンジンブレーキが適切にかかり、またABSが4輪個別にきめ細かい制御を行なうため、クルマは安定した姿勢のまま最短の距離で止まる。

また、後続車に急制動を知らせるためハザードランプが点灯する。

つづいて、緊急回避しながらの急制動と、スプリットμ路での急制動。前者は同じく80km/hからフルブレーキングしながら左に直角にレーンチェンジして障害物を回避するというコース。

難しいシチュエーションだが、ABSが最適な制御を行ない、タイヤのグリップが確保されるため、こうした極限の状況下でもしっかり舵が利くのだ。

後者は、一方が舗装路で、一方に鉄板がひいてあるといったような、工事現場等で見られるシチュエーションを再現したもの。左右で摩擦係数が極端に違う難しい条件だが、そこを40km/hからフルブレーキング。

クルマはややμの高い舗装路側のほうがよく止まるため、わずかにそちらを向くのだが、少しだけ修正舵を与えるだけで、まったく破綻することなく止まる。

お二方の参加者の声は以下のとおり。

「ABSの利きが素晴らしいですね。左右で路面が違っても、レーンチェンジしても安定して止まれることができました」(角田さん)

「止まるまでの距離が短いですね。レーンチェンジではイメージよりも鼻先が軽くて、思ったよりもスッとノーズが入りました。スプリットμ路でも、あまり修正しなくて大丈夫でした」(比留間さん)

など、高い評価だった。

  • 8
    Photo:
    591_m.cial-538590/p20i/special-538590/photo/0001.html"> fix"> di
    l/538590/0abepg" style="height:75px;"へ" src= した極限の状況下でもしっかり舵が利くのだ0abep_ mb10"="http538590/7ロは、2a4-4 --> >2/9/14タージャ01.html"> 3" style="heig
      l/538590/tx独tml"> 38627/0&t=75 "http://fsv-s v i欧州で発表ule La2-175 "http://fsv-s 3862009年7月初代モ p://場2-1 --> ://fsv-s …...
    article/loupe.png" /> >