autoc-one.jp 記事・レポート 特集 インタビュー 慶応義塾大学 清水浩教授インタビュー 第2弾

インタビュー 2010/4/2 18:38

慶応義塾大学 清水浩教授インタビュー 第2弾(1/3)

Text: 森口 将之 Photo: オートックワン編集部
慶応義塾大学 清水浩教授インタビュー 第2弾

清水浩教授へ読者からのEVに関する質問をぶつけてみました

2010年は“EVの年”だ。

法人向けだけに販売展開をしていた三菱i-MiEVが、今年からいよいよ一般販売を開始する。

同時に、プリウス・プラグインハイブリッドが法人向けにリースを開始、そして12月には日産リーフが販売をスタートするなど、徐々にではあるが、今年は各社EV時代へ向けて、足並みを揃えはじめる年になる。

シムドライブ(SIM-Drive)設立発表会

そんな中、我々一般庶民の間でも、EVという未来の自動車への関心度が高まりを見せている。

そこでオートックワンでは、当サイト読者からEVへの疑問を募り、今日本におけるEVの最先端事業を展開するシムドライブ社の清水浩社長(慶應義塾大学教授)に向けて、集まった質問をぶつけてみた。

充電時間や走行距離、または値段や電池の耐久性など、現段階では素朴な疑問が多いのだが、中には電池の素材や資源に関しての専門的な質問も寄せられており、確かに庶民のEVへの関心の高さは、今後のEVのさらなる発展の際、無視できない素材になるのではと考えられる。

慶応義塾大学 清水浩教授へのインタビュー

清水教授、今日はお忙しいところありがとうございます。試作車プロジェクトも順調なようですね!

早速ですが、オートックワンで清水教授への質問を募ったところ、たくさんのEVに関する質問が寄せられました。今回はその中から一部を、ご紹介いたしますので、お答えいただければと思います。よろしくお願いいたします。

質問:EVのバッテリーの寿命は何年で、距離にして何kmぐらいでしょうか。また交換費用はバッテリー代と工賃、それぞれどの程度でしょうか。(カツーンさん)

慶応義塾大学 清水浩教授

清水教授:シムドライブのEVは、満充電で300km走行可能です。バッテリーに使うリチウムイオン電池の寿命は年々伸びています。

最近東芝が開発したSCiBは6,000回の充電が可能ですから、300×6000で180万km走れます。車体を上回る寿命を持つわけですから、交換の必要はありません。

質問:シムドライブのEVは満充電で300km走れるそうですが、それが400kmぐらいになる日はくるのでしょうか。バッテリーをラジコンカー並みに小さくすることは可能でしょうか。(ヤマグチさん)

清水教授:バッテリーのエネルギー密度は現在100Wh/kgですが、将来的にはこれを150Wh/kgまで上げることができます。シムドライブのEVは300㎞走行可能ですから、同じ電池の搭載量で450kmの走行が可能になります。逆に航続距離が同じなら重さは2/3になります。さすがにラジコン並みはむずかしいですが。

質問:EVは使用頻度によってバッテリーの寿命に差が出てくると思うのですが、毎日乗る場合と、1~2ヶ月に1回程度しか乗らない場合では、どちらのほうが長持ちするのでしょうか。(ソイジョイ納豆味さん)

清水教授:先ほど紹介したSCiBでは、充放電を6000回繰り返しても性能劣化はほとんどありませんから、一般ユーザーの使用状況では差は出てこないでしょう。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!