autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 近くに無いと困る!年々減るガソリンスタンド、低燃費車の増加で今後どうなる?

自動車評論家コラム 2017/11/14 17:23

近くに無いと困る!年々減るガソリンスタンド、低燃費車の増加で今後どうなる?

ガソリンスタンド関連画像
ガソリンスタンド関連画像ガソリンスタンド関連画像ガソリンスタンド関連画像ガソリンスタンド関連画像画像ギャラリーはこちら

低燃費は消費者は嬉しいがGS経営には辛い

Q:最近、低燃費車がどんどん増えて環境には良いことだと思いますが、ガソリンスタンドの経営はツライと思います。ガソリンスタンド経営は、自動車の平均燃費がリッター何キロくらいまで耐えられるのでしょうか?

A:ものすごく難しい質問ですね。ガソリンスタンドは、すでに数がどんどん減りつつあります。平成6年度のピーク時には、全国に6万軒強のガソリンスタンドありましたが、平成28年度末には、3万1,467店にまで減りました。

この22年間に、約2万8,000店ほどのガソリンスタンドが閉店しているのが現状です。

>>今年のガソリン価格動向は?

ガソリンスタンド関連画像

ガソリンスタンドが徐々に数を減らしている理由としては、クルマの保有台数が頭打ちなのに対して、新型車の燃費は年々向上し、ガソリンの販売量が落ちているからです。また、それが過当競争を生み、ついて行けない店は続々と廃業しているのが現状です。

知り合いのガソリンスタンド経営者の話だと、正直ガソリン販売だけでは商売にはなっていないといいます。その他の修理や代行サービスで賄っているのだそうです。他の小売業のようにネット販売等はできないガソリンですから、ガソリンで走るクルマがなくならない限り、ゼロになることはないですが、今後もガソリンスタンドが減っていくのは確実だと思います。

乗用車(新車)の燃費は、売れ筋のコンパクトカークラス(1266kg以上1516kg)の旧燃費基準10・15モードの平均で見ると、平成5年度に約9.9km/Lだったものが、平成24年度には21.1km/Lと、20年弱で倍以上にまで向上しています。

ガソリンの国内販売量のピークは、バブル期と思われがちですが、意外にもそうではなく、平成16年度。ただこの裏には、排ガス規制の強化によってディーゼル乗用車が激減し、ガソリン車に転換したという背景があるので、ガソリン・軽油を合計すると、20年ほど前から販売量は横ばいとなり、13年前からは確実に減少しつつあります。

ガソリン販売市場の縮小とコスト競争

ガソリンスタンド関連画像

さて、ガソリンスタンドの経営は、平均燃費がどれくらいになるまで耐えられるか? という質問ですが、“現在すでに、市場の縮小とコスト競争に耐えられなくなった店から順に、どんどん閉店しているという現状”がある意味、答えといえるでしょう。

競争に負ける要因としては、店が小さい、立地が悪い、設備が古い、サービスに特色がない、などが挙げられるでしょう。

筆者の家の近所には2軒のガソリンスタンドがありますが、集客数にはかなりの差があります。共にガソリンの値段は同じなんですが、混んでいる店は設備が新しくてキレイ、さらには洗車を得意にしています。

ガソリンや軽油の販売だけでは利益が出せない小規模店は、洗車やサービスなどに特化して、なんとか利益を出すように努力しています。

一方、郊外の大型店は、セルフ化による人件費の削減で価格を安く抑え、大量に集客することで経営を維持する。という、二極分化が進みつつあるようです。

今後、電気自動車等が増えてくると予想されます。しかし、ガソリンスタンドには急速充電器等の設置ができません。ガソリンは揮発性が高いので、静電気でも引火する場合があります。そんなところに充電器は設置できませんからね。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!