autoc-one.jp 記事・レポート 特集 東京モーターショー2017 モーターショーへ行ったらまず“部品ブース”から見るべし!<Part2:豊田合成/カーメイト編>【東京モーターショー2017】

モーターショー 2017/11/2 17:40

モーターショーへ行ったらまず“部品ブース”から見るべし!<Part2:豊田合成/カーメイト編>【東京モーターショー2017】

Text: 加藤 久美子 Photo: 加藤 久美子
画像ギャラリーはこちら

最強の安全性を誇る強くてカワイイ「Flesby」がまたまた進化!【TOYODA GOSEI】

2015年に豊田合成ブースに出展され、多くの来場者の話題をさらったFlesby(フレスビー)は、2030年頃の超小型モビリティを想定したデザインコンセプトモデルです。2年の時を経て大幅進化を遂げた「Flesby2」が今年の東京モーターショーに出品されました。フワフワ、モコモコのなんとも可愛らしいFlesbyはどのように変わったのでしょうか?

ちょっとおさらい!2015年モデルのFlesbyはこちら

>>話題の“もこもこ”エアバッグカーが超可愛い!「フレスビー」【TMS2015】

Flesbyはプラスチック・エアバック・LEDの三技術をスタイリングに表現したデザインコンセプトモデルとして2015年の東京モーターショーに初出展されました。

2017年モデルのFlesby2は内装も公開!しかも、中に座って操作ができる

2015年のFlesbyはエクステリアのみの展示でしたが、2017年のFlesby2では、内装も公開されています。しかも、シートに座ってその感触を確かめることも可能。座った感触は、なんとも不思議な感覚で、フワっと柔らかい素材ですがしっかりサポートするような安心感があります。またLEDのカラフルな光で周囲のドライバーや歩行者とのコミュニケーションも行うことができ、室内のシートの色も状況に合わせて様々に変化します。綺麗!まさに、2030年の近未来感を肌で感じることができます。

ボディの形やシートの形状も車の動きに合わせて変化し、ドライバーの体をサポートするそうで、素材には電気の力で動く次世代ゴム「e-Rubber」の応用を想定しています。

なお、2015年モデルではクローズアップされていた「エアバッグ」ですが、Flesby2では廃止したとのこと。衝突時にエアバッグが急に膨らむと、歩行者へ衝撃を与える危険があり、Flesby2では衝撃を吸収する素材を採用しているそうです。

世界初!音声認識で操作できる&ISO-FIX自動取付のチャイルドシートがスゴイ!【カーメイトブース】

カーメイトのブースは東サブゲートから入ってすぐの右手にあります。カーメイト目当てで訪れる方は、東屋外駐車場に車を停めるのがおすすめです。

今年のカーメイトブースはかなり盛りだくさんです。音声認識で操作ができる世界初のチャイルドシートをはじめ、今話題の360度記録に残せるドライブレコーダーや、超ラクチンで確実なバイアスロンのタイヤチェーン(今年からテスト販売開始)などなど。カーメイトの斬新な発想と優れた技術に感動の連続です。

世界初!音声で操作できるチャイルドシート

カーメイトのチャイルドシートブランド「エールベベ」からは、2つの画期的なチャイルドシートが出展されました。

コンセプトクルット VO は音声操作ができるチャイルドシートです。回転、リクライニング、日よけの開閉など、決められたフレーズで指示をすることによってチャイルドシートが反応し、動作を行います。赤ちゃんとが後部座席、ママが運転席という状態では、日よけの操作など難しい場合がありますが、その際にも音声操作ができれば安心です。

また「コンセプトクルット AI CONCEPT」ISO-FIX自動取付チャイルドシートは、その名前の通り、ISO-FIXシートを自動的に正しく取り付けてくれるシートです。車のISO-FIX金具にチャイルドシート側のISO-FIXバーを固定するところまではユーザーが行いますが、そのあと、シートへの押し込みとサポートレッグのフロアへの接地を自動で行うというもの。センサーに手をかざすと、サポートレッグが上昇してシートから離れ、ISO-FIXバーからの解除までを自動で行います。

筆者: 加藤 久美子
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スペシャルスポンサーリンク

東京モーターショー2017 人気記事ランキング
東京モーターショー2017 の最新記事