autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム ESCの義務化に思う/河村康彦

自動車評論家コラム 2010/3/15 15:01

ESCの義務化に思う/河村康彦(1/2)

ESCの義務化に思う/河村康彦

ESCの義務化に思う/河村康彦

『日刊自動車新聞』の2月22日付け紙面一面トップに、「国土交通省が来年以降の早い時期にESCの装備を義務付け」という記事が掲載された。

この原稿の執筆時点では、同様記事は他のニュースソースには見られないようなので、普段だと「“業界新聞”のくせにまた他の一般紙のニュースの後追いか・・・」という印象の強いこの新聞的には、――もちろんその内容が事実であるならば――久々の“スクープ記事”という事になりそうだ。

記事曰く、「国交省では義務付け時期を検討しているが、2011年以降の出来るだけ早期に適用したい考え」との事。ただし、「軽自動車には搭載スペースやコストの関係から一定の猶予期間を検討する」とも。

日本では「横滑り防止装置」などといささか違和感の残る訳が当てはめられるESC。

加えて、自動車メーカーによってESPだのVSCだのVDAだのとまさに千差万別(?)な呼び名を用いる事もあり、それがまた解り難さを助長させているかの印象もあるこのアイテム。

いずれにしても、それがリアルワールドでの事故防止に絶大なる威力を発揮する事は、ちょっと調べ物をしてみれば様々なデータからもすぐに裏づけが取れる事柄だ。

アウディ ドライビングエクスペリエンス

何しろ、「4輪個別のブレーキ力を用いて走行進路を巧みに安定させる」という“人力”では到底及びの付かない技で姿勢を安定させるのだから、スピンやドリフトアウトなど、通常であればもはやドライバーには殆ど手の施しようが無い危険な挙動を封じ込める効果はバツグンなのである。

人によっては「そんなのは高速道路でしか効かないもの」とか「滑り易い路面以外では無用の長物」なんていう人も居るけれど、ESCは例え60km/hでドライ路面を走っていても、イザというシーンではその威力を存分に発揮する。

そういえば、首都高速で前を行くミニバンが進路を迷ったのか分岐路の直前で急ハンドル!

でも、もう間に合わないと判断したのか今度は逆方向に急ハンドルを切ると、今度そのまま真横を向いてご丁寧にも横っ腹から分岐部の頂点に激突というシーンを目撃した事があるが、その時も別に路面は濡れていたわけではなかったし、速度もせいぜい60km/h程度だったもの。

かくも速度が遅かったので乗員は大事に至らなかったようだけれど、これだってESCさえ付いていれば無事に切り抜ける事が出来たはずの典型パターンなのだ。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!