autoc-one.jp 記事・レポート 特集 モーターショー 「車の楽しさ」を忘れていないジュネーブMS/桃田健史 2ページ目

モーターショー 2010/3/12 10:38

「車の楽しさ」を忘れていないジュネーブMS/桃田健史(2/4)

「車の楽しさ」を忘れていないジュネーブMS/桃田健史

ハイブリッド車で攻勢をかけるメルセデス・BMW

ダイムラーは、同社の環境ブランド「Blue Efficiency」を全面に押し出し、各種の新型車を公開した。

メルセデス・ベンツ F800スタイルメルセデス・ベンツ F800スタイル

まず、世界初となるディーゼルハイブリッドの量産車「E300 ブルーテックハイブリッド」を発表。さらに、同社の次世代型プラグインハイブリッド車と燃料電池の対応シャーシとして、Sクラス/Eクラス/CLSクラスを融合したセダンスタイルの「F800」も公開した。

BMWは「Efficient Dynamics」を謳い、「5シリーズ アクティブハイブリッド」を導入。「ハイブリッドシステムの基本ユニットは同社の7シリーズ向けのものと同様だが、EVモード走行での多様性が加わった」(BMW本社技術関係者)とのことで、EVモード、エンジンのみ、エンジン+モーターの3種類のモードで走行が可能となっているという。

またBMW ミニは、クロスオーバー車の「カントリーマン」を発表。カントリーマンは「北米市場が最優先」(BMW関係者)となるために、ルックスはかなりアメリカンSUVのイメージへ傾倒している。

フォルクスワーゲン ポロ GTI
フォルクスワーゲン ポロ GTIフォルクスワーゲン トゥアレグハイブリッド

フォルクスワーゲンは、ゴルフと並ぶホットハッチとなる「ポロ GTI」を発表。ポロ GTIの搭載エンジンは、ターボチャージャーとスーパーチャージャーを併用した1.4リッターTSI(180PS)で、7速DSGと組み合わされる。0-100km/h加速は6.9秒の駿足だ。

さらに、新型「トゥアレグ」ではハイブリッドが登場するなど、フォルクスワーゲンはCO2規制を考慮しながらも「走りの楽しさ」を忘れない、積極的な新車攻勢を仕掛けている。

5 by プジョー5 by プジョー

プジョーは、ラグジュアリーセダン(全長4.86m)のコンセプトモデル「5Byプジョー」を公開。そのパワーユニットは、「プジョーHYbrid4」と呼ばれるディーゼルハイブリッドで、最高出力200bhp、CO2排出量は99g/kmとした。さらに同社は2010年から2012年にかけて、合計14の新型モデルを発売すると発表した。

オペルは、GMシボレー「ボルト」の兄弟車の「アンペラ」量産車技術詳細を公開。それと同時に、同車のプラグインハイブリッド機構を移植した2ドアスポーツカー「GT/E」を発表した。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!