autoc-one.jp 記事・レポート 特集 ベストバイカー 金子浩久・小沢コージの2009下半期ベスト・バイ・カー 総論トーク 輸入車編 2ページ目

ベストバイカー 2010/1/15 17:48

金子浩久・小沢コージの2009下半期ベスト・バイ・カー 総論トーク 輸入車編(2/2)

Text: 小沢 コージ Photo: オートックワン編集部
金子浩久・小沢コージの2009下半期ベスト・バイ・カー 総論トーク 輸入車編

アップデートでクルマが良くできる時代

ポルシェ911ターボ

小沢一方、ベストハンドリングカーは分かれましたね。ゴルフGTIにポルシェ911ターボ、ベンツEクーペにポロにBMW 5GT・・・。

金子ズバ抜けていいのは無かったからね。というか今の輸入車はみんないい。

小沢でもゴルフGTIが5票でトップ。俺としてはノーマルゴルフでも十分だと思ったから入れなかったんですけどね。

金子確かに基本性能はゴルフ譲りだけどね。新しく付いた電子デバイスのXDSの効果は凄いと思ったし、兄弟車のシロッコにも付いてないでしょ。それに既存のシステム、つまりABSを使って制御を付け加えるだけで変える効果が得られるのも凄いと思ったな。要するにコーナリング中、内側に微妙にブレーキングすることでFFのアンダーステアを徹底的に無くすという。

小沢今どき流行りの“アップデート”でイケたってことですね。

金子それよりパナメーラ、そんなに良かった?

小沢純粋に走る楽しさでいえば、たぶん911ターボのが凄いですよ。乗ってないけど(笑)。ただ、パナメーラは期待値以上だった。あれってカイエンベースじゃないですか、デカいSUVの。もっとダルい走りになるかと思ったら、まさに911の4ドア版!と呼べるほど乗り心地は締まってるし、ステアリングもナチュラル。さすがはポルシェ!

金子そう言う意味では911ターボも凄いよ。あれさ、バリアブルエンジンマウントってのを装着してて、エンジンの不必要な揺れを抑えてるんだけど、そうすると確実に速くなるの。ポルトガルのエストリルサーキットでトップドライバーが走って1秒速くなるって。

小沢そんな手があったんだ。要するにタイヤの接地を微妙に良くするという?

金子その通り。実はあれだけパワーのある4WDだと、ちょっとしたエンジンの揺れによる荷重の抜けでもタイヤが空転する。それをなくすわけ。

小沢でも、アクティブサスがあればいらないんじゃないですか。

金子その通りだけど、アクティブサスだと重くなる。軽量化した上で速い!

小沢それは・・・まさにポルシェの真骨頂ですね。レーシング技術じゃなくって、市販車技術で速くする。さすがは余裕なスポーツカーメーカー。

金子後はポロもレンジもEもA5も異論はないけど、どれもドングリの背比べかな。

小沢ポロを除いて、お値段500万円オーバーの世界ですからね。良くって当たり前という気も(笑)。

フォルクスワーゲン POLOフォルクスワーゲン ゴルフGTIBMW 5シリーズGTメルセデスベンツ Eクラスクーペ金子浩久&小沢コージの2009下半期ベスト・バイ・カー 総論トーク 輸入車編 金子浩久

今年もしぶとく楽しくがんばるべし!

金子浩久&小沢コージの2009下半期ベスト・バイ・カー 総論トーク 輸入車編 小沢コージ
ベントレー コンチネンタル スーパースポーツ金子浩久&小沢コージの2009下半期ベスト・バイ・カー 総論トーク 輸入車編 左:金子浩久 右:小沢コージ

金子結局トータルベストはポロね。コージはもちろんのこと12人中6名が選出。203万円であの走りにあの質感、あの使い勝手だから異論はないけど。

小沢っていうか金子さん!下半期のトータルベストがベントレーコンチネンタルスーパースポーツってなんですか。いつからセレブの味方になったんですか。ウケ狙いにしてはあまりにトンガリすぎてる。

金子たしかに“ウケ狙い”。いや、2シーターにして110kgも軽くしたら、別のクルマになったんだよ。6リッターのW12気筒で630馬力っていうフェラーリ並みのパワーなのに、どこにも荒っぽいところがない。

小沢3,000万円ですよ!

金子いいじゃないの。これだけ不況になったら200万円も3,000万円も一緒だよ。それよりいかに夢のあるクルマなのか。貯金しても買いたいクルマなのか。そういう意味でコンチSSは凄いと思った。イギリスの工場にも行ったんだけど、ボディカラーが114色も選べて、中に「○×グロス」って色もあんの。いわゆる“濡れたくちびる”の色でコレがまたエロい!流行るね、あれは・・・。

小沢不況知らずジャーナリストって感じでなんかイヤミですけど。

金子そんなことないそんなことない(笑)。ポロも確かにいいんだけどさ。今年出る1.2リッターTSIエンジン搭載車が本命かなと。

小沢ところで今年の新車は何に注目ですかね。国産、輸入車分けずに考えると。

金子やはりプラグイン・プリウスだろうね。発売は11年になるらしいけど、日本のメインは自ずと電気自動車方面。

小沢実際、発売されるところではプリウスのワゴンにホンダCR-Z、世界初の量産ハイブリッドスポーツ。個人的には、CR-Zは話題作りで、結局ワゴンが売れて、またプリウスの年になる気がしますが。

金子社会ネタではスズキとVWの提携に注目かな。実際、どんな共同開発車が出てくるのか見物。

小沢でも両者のメインはインドや新興市場対策で日本はそうだなぁ、せいぜいスズキ・スプラッシュのハンドリングが、ちょっと味わい深くなる程度じゃないですか。

金子悲観的だねぇ、コージ君。俺は万が一、アメリカ市場が復活して、日本の全高速道路が無料化し、第二のモータリゼーションが・・・来るわけ無いな(笑)。

小沢まあ、俺たちは基本、電気と中国語でも勉強して、変わらず世間のスキを付くような面白いネタを提供せよとね。

金子フレキシブルに柔軟に、なおかつしぶとく楽しく生きると。それだけよ。

小沢改めてあけましておめでとうございます、オートックワン読者のみなさん、今年こそクルマ好きが新世紀に向けて生まれ変わる時!俺たちも未だかつてない読者寄りの新しいエンタテイメントを提供すべくがんばりますので、しっかりついて来てください!!

金子ヨロシクお願いします!

2009年下半期ベスト・バイ・カー 特集

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!