autoc-one.jp 記事・レポート 特集 インタビュー 慶応義塾大学 清水浩教授インタビュー 2ページ目

インタビュー 2009/12/4 16:46

慶応義塾大学 清水浩教授インタビュー(2/2)

Text: 森口 将之 Photo: オートックワン編集部
慶応義塾大学 清水浩教授インタビュー

社会貢献という道を目指して設立したシムドライブ(SIM-Drive)

シムドライブ(SIM-Drive)設立発表会
車体構造一人乗り電気自動車

シムドライブは、クルマを作って売ることはしない。EVの技術を売る会社である。シンクタンクという呼び名が近いかもしれない。

「EVの生産に参入したいと考える企業に対し、インホイールモーターやアルミ製バッテリービルトインフレームを核とした独自の技術を提供し、共同開発、生産支援、人材育成を行うことを目指しています」

メーカー製EVに対するシムドライブの優位点は?という質問には、ずばり「高性能」という言葉が返ってきた。

「リチウムイオン電池、インホイールモーター、ビルトインフレームを用い、ボディやシャシーを専用設計とすることで、エネルギー使用量は既存のガソリン車改造型EVの半分にできます。弱点である航続距離を伸ばせるのです」

たとえば8月の会社設立発表会でスタイリングが公開されたプロトタイプは、ボディサイズもバッテリー容量も三菱 i-MiEVと日産 リーフの中間だが、満充電での航続距離はそれらの2倍近い300㎞をマークするという。

その性能を聞きつけて、反応は予想以上だという。

「今年中に参加企業20社を募り、来年から開発を始める予定なのですが、すでに30社も応募がきてしまいまして。2011年に発表予定としていたプロトタイプも来年には完成しそうで、2号車のプロジェクトもスタートさせようかと考えているところです」

(左)清水浩教授/(右)森口将之氏

ただし、清水教授はシムドライブに専念して、エリーカを生み出した慶大電気自動車研究室での活動を止めるわけではない。技術面の交流を図りつつ、双方の組織を独立して運営していくという。乗用車の開発を行うシムドライブに対し、大学の研究室では主として公共移動手段を手がけるようだ。

「現在は全自動運転のひとり乗り超小型EVを使い、自分の部屋からオフィスやショッピングセンター内まで移動できる「コ・モビリティ社会」の実現を目指し、研究を進めています。また、いすゞ自動車や神奈川県と手を組んでEVバスの開発も行っており、来年には試作車が完成する予定です」

清水教授のプロジェクトがどれも新鮮に見えるのは、ガソリン車が出発点ではなく、最初からEVとしてスタートしているからだろう。しかも商売ありきでないからこそ、理想をストレートに具現化することができた。

EVという新種の自動車には、発想や構造にも新しさが求められる。日本のEV発展には、清水教授のような人こそ必要なのである。

筆者: 森口 将之
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!