autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート TMS2009×評論家の視点/河村康彦

イベントレポート 2009/11/2 14:00

TMS2009×評論家の視点/河村康彦

Text: 河村 康彦 Photo: 島村栄二/柳田由人
TMS2009×評論家の視点/河村康彦

レクサス LFA

レクサス LFA エクステリア
レクサス LFA インテリアレクサス LFA エンジン

良くも悪くも“注目車”という点では、やはり「これは外せない」というのが、レクサス LFA。

F1用設備を用いて加工を行うというシリンダー内壁や、その“音色”も鑑みて決定されたというシリンダー・バンク角、某役員の「鶴の一声」でアルミ製からカーボンファイバー製へと変更されたともっぱらの噂(!)のボディ骨格など、このモデルは過去の日本車づくりの常識からは一線を画した、『スーパーカー』に相応しい豊かなストーリー性に満ち溢れるものだ。

一方で、少々ヒステリックなほどに“ハイブリッド”と“EV”ばかりのオンパレードとなった会場の光景の中に、560psを発するV型10気筒エンジン搭載車が唐突に現れるというのは、余りにも「場違い」な感は否めなかった。

それを考えると、主要な海外メーカーが今回の東京モーターショーに出展しないと分かった時点で、このモデルは前月に行われたフランクフルトショーへの出品を考えるべきではなかったのか?

“エコカー”が並ぶ一方、フェラーリやランボルギーニが軒を争う会場の一角で、世界からの報道陣を前に「日本代表!!」のタイトルと共に誇らしげにヴェールを脱ぐという、恐らくはもう2度と日本車では実現不可能であろう、そんなデビューシーンを目の当たりにしてみたかった・・・。

日産 リーフ

日産 リーフ エクステリア
日産 リーフ サイドビュー日産 リーフ サイドロゴ

モーターショーの開幕前にはすでにお披露目が済んでいたために、インパクトが強いとは言えなかったものの、これもまた良くも悪くも“注目車”という観点からは決して外すことが出来ないのが、日産 リーフ。

すでに発表されている「2010年度後半から年産5万台規模で立ち上げ、日・米・欧で販売」というスケールは、世界のあらゆるメーカーの追随を許さないもの。まさに「日産が社運を賭け、それをライバルメーカーが固唾を呑んで見守る」と言って良いのが、このモデルでもあるのだ。

実はまだ明確には分からない販売時の価格や、リアルワールドでの航続距離、さらに一説によれば「5年程度で航続距離は半分近くまで落ち込む」という声も聞かれるリチウムイオン・バッテリーの劣化の問題など、今後の“見所”は満載。

恐らく今から5年も経てば、このプロジェクトがゴーンCEOの見事な先見の明であったのか、あるいは無謀な賭けであったのかが明確になるはず。そうした点からも、やはり今回のショーでの大注目車であるというのは明らかな1台だ。

筆者: 河村 康彦
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!