autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート TMS2009×評論家の視点/小沢コージ

イベントレポート 2009/10/27 16:41

TMS2009×評論家の視点/小沢コージ

TMS2009×評論家の視点/小沢コージ

スズキ キザシ

スズキ キザシ
スズキ キザシスズキ キザシ

日本社会の二大悪いとこ、鎖国的官僚主義と事なかれ主義が出まくった東京モーターショー2009。大メーカーで、一番がんばってたのが間違いなくコレ、「スズキキザシ」だ。

ほぼ事前公開なく、いきなり会場でデビューしたという点がまずエライ!

最近じゃそっちの方が告知効果があるのか、取材対応がラクなのか、主流となっているが、ショーはそもそもが祭り。サプライズを削ってどうする。ますます会場に人がこなくなるじゃないか。やっぱりこういうのやらないと。スズキの「修」社長ブラボー!

それからクルマ自体が大変な意欲作。最初は正直、なんて地味なセダンだ、と思っていたが、聞けば狙いは北米で、しかもフツーに出してもしょうがないってんで、アコードとカローラの中間のちょっと豪華なニッチを狙ったんだって。しかもオンデマンドな新開発フルタイム4WDを搭載し(FFもあるけど)、スバル系よりずっとスポーティ。

それと元々、スズキは北米でスポーティ&ヨーロピアンイメージもあったんで、それを鑑みわりとシンプルでVWジェッタにも通じる感じにしたと。

非常にスズキらしい力のこもった作品。筋書きもキチンとあって、良く考えられてる。まだまだ日本企業もがんばってる!それがわかって安心いたしました。

鈴商 スパッセV

鈴商 スパッセV鈴商 スパッセV

全ブース通じてのナンバーワンはコイツでしょう!っていうかコイツしかない!!だからみんな見て見て!!!

そう、鈴商「スパッセV」だ。そもそも「鈴商」ってなんだ?って思うだろうけど、元々は名古屋の並行屋で、それが高じて「メーカー」になったもの。いわば、第二の光岡だが、本家本元の光岡すら東京モーターショーに出てない上、さらに規模も小さくさらに儲かって無い「鈴商」が出るんだからまさしく現代のドンキホーテ!

しかし内容は濃くって、ボディは基本アルミ鋼管スペースフレームにFRPを被せた本格的なもので、車重850kgでドアはガルウィング、エンジンはマツダアクセラ用2.3リッター直4ターボがミッドに収まってる。

デザインがまた個性的で手掛けたのは三村建治氏。知る人ぞ知る70年代のレースカーデザイナーで、日本初のオリジナルF1「マキF1」も彼の作。カタチは短い全長のわりにかなりカッコよく、オリジナル度も高い。開発者兼代表の鈴木敏夫さんによると「1台900万円ぐらいかな?」とか。

でも実際、日本の厳しい衝突実験はクリアできるし、エンジンも最新。ひょっとして、売れるかもよ?日本はもちろんアラブとか世界の面白いクルマ好きに!

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!