autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 ストラーダSクラス レポートvol.02 CN-MW200Dを使って箱根温泉三昧!

特別企画 2009/11/12 14:00

ストラーダSクラス レポートvol.02 CN-MW200Dを使って箱根温泉三昧!(1/2)

Text: 塩村 文夏 Photo: 塩村文夏 題字:加藤才智
ストラーダSクラス レポートvol.02 CN-MW200Dを使って箱根温泉三昧!

ストラーダSクラス レポートvol.02 CN-MW200Dを使って箱根温泉三昧!

ということで、新しくパナソニック「ストラーダSクラス」をドライブの伴侶として手に入れ、ボクスターライフを再スタートすることになりました!

ストラーダSを使って箱根までおまかせルート検索!

実は私、典型的な「女脳」。地図が読めないので、ナビ無くしてはお出かけなんてできません。

だからストラーダ君をとっても頼りにしてます♪わかりやすい画面表示で、操作もとっても簡単。秋のいい季節だし、早速お出かけしちゃいますか!

場所は東京から気軽にお出かけできる「箱根」です!私は放送作家/ライターの肩書きの他に、「温泉ソムリエ」なる資格を持っています。難しいことはさて置き、温泉が大好き。

「台本、明日までによろしく」ということが日常茶飯事である放送作家という、予定の見えない仕事をしているので、翌日がお休みだと分かったら夕方でもその時点でネットで安宿を探し、ボクスターで温泉へ飛んでいきます。

でも、前回お伝えしたようにナビの情報が古すぎて迷うこともしばしば。時間がない中の温泉旅なのに、迷子になって困ることが多かったんです。しかし、今回の旅はそんなことは一切ナシ。無駄な時間を過ごさすに済みました。

検索結果を見ても「うん、このルートがベストね!」と思えるモノをズバッと出してくれて安心感があります。以前のナビは「なんで、こんな意味不明な大回りを?」と思えるような結果も多くて、ナビを信用しきれていなかったのだけど、嬉しいことにこのナビは賢い様子。

ということで、さっそく箱根へ!

箱根湯本の温泉に入浴中の塩村文夏さん

仕事を終えた夕刻に都内を出発し、分りやすい誘導であっと言う間に箱根に到着。

2泊の予定なので、まず初日に箱根湯本を選びました。ナゼなら、湯本のお湯は成分数値が低めの単純温泉で、マイルドで体に優しいから。

体を温泉に慣らすには成分が薄いお湯から入るといいと言われています。泉源も74と箱根随一。お手頃な値段で、湯量も豊富な源泉賭け流しの宿が多いんです。

今回のお宿は大通りではなく、1本奥にある小さな宿が密集した所だったのですが、ピタリと宿の前までナビしてくれました。到着したら、まずひと風呂。お湯に浸かって、仕事の疲れとストレスを取りました。あ~、シアワセ、シアワセ!

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!