autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム フランクフルトMS 2009“私の注目車種はこれだ!”/竹岡圭

自動車評論家コラム 2009/9/29 13:00

フランクフルトMS 2009“私の注目車種はこれだ!”/竹岡圭

Text: 竹岡 圭 Photo: 竹岡圭/菊池一弥
フランクフルトMS 2009“私の注目車種はこれだ!”/竹岡圭

メルセデス・ベンツ SLS AMG

メルセデス・ベンツ SLS AMG
メルセデス・ベンツ SLS AMGメルセデス・ベンツ SLS AMG

世界的に環境ムード一色の中、大目立ちだったのはコレ!

ガルウィングドアが光るSLS AMGです。子供の頃ランボルギーニに洗脳されてしまった私にとって、ガルウィングときたらスーパーカーなんですよ~。

でもこれだけのボディでも、アルミスペースフレームボディ構造で車両重量は1,620kg。フロントミッドシップに搭載されたエンジンは6.3リッター V8。

いったいどれだけ速いのかと思ったら、ナント0~100km/h加速はたったの3.8秒なんですって!ちなみに最高速度は317km/h。なのに燃料消費は100km走って13.2リッターだそうですから、軽いってやっぱりスゴイことなんですね~。

この世界を堪能しようと思ったら、ホントに限られた場所しかあり得ないけれど、やっぱり一度乗ってみたい。なんなら助手席でもいいですので・・・(笑)。

メルセデス・ベンツ コンセプトブルーゼロ

そんなスーパーカーとは対照的に、一館丸々ひとつをドーンと使ったメルセデス・ベンツブースの入り口に並んでいたのは、プラグインハイブリッド、EV、燃料電池などを搭載できる汎用タイプのコンパクトカー。

空力を追求するために、開口部が全部覆われているのは、ちょっと不気味だったりして・・・。

BMW X1/BMW ミニ

BMW X1BMW X1

これくらいのジャストサイズのSUV、最近また増えてきたような気がします。

フォルクスワーゲン ティグアンが人気が出たことでもわかるように、日本の交通事情にはこれくらいのサイズがマッチしているのかもしれません。

特に女性の普段使いには、これくらいがベストなんですよね。

日本にはたぶん190kWを発揮する、直6ガソリンエンジンモデルが導入されると踏んでいますが、ユーロ5もクリアしているということですし、これからの時代はディーゼルを入れるというのも楽しいんじゃないかなと思うのですが、いかがでしょうか?

ちなみに、見た感じ室内スペースもユーティリティスペースもちょうどいい広さで、ラゲッジは後席の背もたれを立てた状態で420~480Lの容量があります。

BMW ミニ

さて、もう一台気になったのはミニ。

今年50周年を迎えるということで、オープニングもお誕生日パーティ風に演出しちゃうなど、大盛り上がりでした。

注目は、やはりミニクーペコンセプト。

自転車用ヘルメットを被ったようなスタイリングは微妙と言えば微妙ですけど、これまたミニらしくて楽しくていいですよね。

で、実はですね、私の注目ポイントはこのホイールだったりするんです。

こういうところにポップな色使いをしてるのって、なかなかないですよね。しかもボディ同色ってのもイイ。

かなりオシャレだと思うんですけど、いかがでしょう?

シトロエン DS3/Revolte

シトロエン DS3

実は、今回いちばん私的にピピッと来たのは、シトロエンブースだったんですよ~。

往年のDSのオマージュを込めたコンパクトカーDS3。そして実は同じセグメントとなるC3。

そしてエロカッコイイコンセプトカー Revolte。どれもエレガントかつスポーティでイケてるっ!って感じなんです。色使いも絶妙で、ホントにキュートなんですよね。

まずDSですが、全幅こそ日本の5ナンバー枠に微妙に収まりはしないけれど、絶妙なコンパクトサイズです。

そして見た目よりも中は広々。後席にも大人がちゃんと座れるんです。

でですね、デザインのユニークさもさることながら、室内の雰囲気が大人っぽいんですよ。しかも、エクステリアはボディ色とルーフ色はもちろん、ホイールのセンターキャップまでカスタマイズチョイスができてしまうんです。

インテリアもまた然りで、インテリアはもちろんのことフロアマット選択が可能なんですって!これなら、完全に自分だけのオリジナルモデルが作れちゃうかも。

世界にたった1台の自分だけのクルマをオーダーメイドするなんてシチュエーション、憧れちゃいますよね。ユーティリティ的にピピッときたのは、後席用の手すり。

正式名称はわかりませんけど、いわゆる手すりです。これが斜めについていて、オシャレなうえに使いやすいことこの上ナシ。

カップホルダーがないのだけが残念ですが、あまりにステキなので許しちゃいましょう。しかし、シトロエンってどうしてこうも頑固にカップホルダー付けないんでしょうか・・・。

シトロエン DS3シトロエン DS3シトロエン DS3シトロエン レヴォルテシトロエン レヴォルテ
筆者: 竹岡 圭
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!