記事・レポート 特集 モーターショー フランクフルトMS 2009“私の注目車種はこれだ!”/河村康彦

フランクフルトMS 2009“私の注目車種はこれだ!”/河村康彦

Text :
Photo:
菊池一弥/メーカー各社
フランクフルトMS 2009“私の注目車種はこれだ!”/河村康彦

プジョー bb1

近未来での実現の可能性を匂わせるものから夢物語に過ぎないと思わせるものまで、“玉石混淆”のコンセプトカーに多数の量販予定車と、予想を上回る豊作ぶりを見せた今回のフランクフルトモーターショー。

そうした中にあっても異彩を放ったのが、事前情報ナシのサプライズ出展となったこの1台。

前後オーバーハングが殆どゼロで全長2.5mというデザインは、スマートに対するプジョーからの対抗馬!?と思ったら、何とこのモデルは「4輪なのにクルマじゃない」んだとか。

実際、キャビン内に用意されたのは、シートではなくてまるでモーターサイクルのような左右2列の“タンデム・サドル”。

ステアリング・ホイールの代わりにバーハンドルが用意されるので、すなわち運転者もドライバーではなくて“ライダー”というノリ。

「4輪のモーターサイクルだから、シートベルトも敢えて付けないのかな?」と思ったら、インテリア写真を良く見てみると、ラップベルトだけは用意されているらしく。でも、舞台上で乗り降りのデモンストレーションを繰り返すモデルさんたちは、そんなものは装着していなかったけれど。

というわけで、もちろん市販化については何のコメントもないものの、これは「絶対にスマートの真似はしない!」という強烈なメッセージが感じられるプジョーの意欲作。そんなこのモデルは実はEV・・・という話題を抜きにしても、単純に面白いじゃない!

フォルクスワーゲン ポロ ブルーモーション

VWブースの主役は、実は電気自動車なんかではなくてディーゼル・エンジン・・・というのは別コラムでも紹介した通り。

それを肌身に感じさせたのが今回のポロ、ゴルフ、パサートという基幹モデルにおいて発売が発表された、最新の“ブルーモーション”シリーズ。

中でも、その目玉的存在がポロのブルーモーション。

欧州モードでのCO2排出量は87g/kmに過ぎず、これはスマート(800ccターボて発売が発表

こにhoto/丼k望実・・・とい

といものから夢"pho> プジメーカイ"> ーヾもも