autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム フランクフルトMS 2009“私の注目車種はこれだ!”/松下宏

自動車評論家コラム 2009/9/25 11:00

フランクフルトMS 2009“私の注目車種はこれだ!”/松下宏

Text: 松下 宏 Photo: 松下宏
フランクフルトMS 2009“私の注目車種はこれだ!”/松下宏

フォルクスワーゲン L1

フランクフルトモーターショー2009/松下宏フランクフルトモーターショー2009/松下宏

今年のフランクフルトショーで一番の注目モデルといえば断然フォルクスワーゲンのL1だと思う。近未来の移動体として既存のクルマの概念を超えるような独創的な発想で作られた。

2名がタンデム乗車するコンパクトなボディは、CD=0.195という高い空力性能を実現し、車両重量は炭素繊維強化樹脂を使うことでわずか380kgに抑えられている。パワートレーンは2気筒800ccのインタークーラー付きターボディーゼル+電気モーターに7速DSGを組み合わせ、100km当たり1.38リッター(単純計算で72.4km/L)の超低燃費を実現するという。

L1は単純にこの形で登場してくることはないようだが、L1に盛り込まれた様々な新技術は、これから出てくるVWのクルマに反映されることになるという。

その中でも2気筒ターボディーゼルなどは極めて実現性の高い技術だ。逆に現在の時点では比較的実現が遠い技術と考えられる炭素繊維強化樹脂のボディにしても、製造方法に射出成形などの新しい生産技術を盛り込むことで実現性が高まるとのこと。いろいろな意味で期待の大きなクルマといえる。

メルセデス・ベンツ ESF2009

フランクフルトモーターショー2009/松下宏フランクフルトモーターショー2009/松下宏

メルセデス・ベンツがSクラスをベースに作った先進安全コンセプトカーのESF2009も注目モノの1台だった。今年のフランクフルトショーは全体として見れば環境性能一辺倒の雰囲気があって、どのメーカーからもハイブリッドカーや電気自動車などが出品されていて、それはそれでとても良いことなのだが、あまりにもたくさんのハイブリッドカーや電気自動車が並べられていたため、ほとんど食傷気味になるほどだった。

そんな中で安全についてもしっかり研究開発を進めていることを明確に表明したのがメルセデス・ベンツで、このESF2009にはこれまでにない新しい安全技術がいくつも紹介されていた。

ブレーキングバッグは、フロントバンパーに設けたセンサーが前面衝突が避けられないと判断したとき、通常の急ブレーキに加えて床下から路面に向けてエアバッグを展開し、制動力を高めて衝撃を和らげる仕組み。プレセーフストラクチャーは、側面衝突時にサイドインパクトビームが膨らんで衝撃吸収性能を高める仕組み。

ほかにも、プレセーフ360、スポットライトライティングファンクション、インタラクティブビークルコミュニケーション、プレセーフパルス、ベルトバッグ、サイドリフレクト、サイズアダプティブエアバッグ、チャイルドカムなどなど、安全性で世界の自動車メーカーをリードしてきたメルセデス・ベンツならではの技術が紹介されていた。

テスラ ロードスター

フランクフルトモーターショー2009/松下宏フランクフルトモーターショー2009/松下宏

アメリカでは1000万円級の価格(税制優遇を受けた後のベース価格で10万1500 ドル)ですでに市販されているクルマだが、逆に市販されていることを含めて 注目されるのがテスラ・ロードスターだ。

イギリスのロータスとの提携によってエリーゼをベースにしたボディに大容量の電池を搭載してスポーツカーに仕上げた純電気自動車。ショーの前日に強い雨の降るアウトバーンで試乗していたとき、後方からかなり速いペースで迫ってきた。ロータスとも少し違う感じがあったので、一瞬何が走ってきた分からなかったが、抜いて行ったボディの後部にTESLAと書かれていた。

カーボンファイバー製の軽量な車体の後部に大きな電池を搭載しており、考えようによっては電池の化け物みたいなところもあるが、0-時速60マイルの加速が3.9秒とされているほか、244マイル(約390km)の航続距離を持ち、3.5時間で充電を可能とするなど、一定以上のリアリティも持った電気自動車である点が注目される。

電気自動車の時代が本格的に到来すると、テスラのような新しい自動車メーカーが次々に登場し、現在の勢力図が大きく書き換えられる可能性もあることを示した点でも注目される1台である。

筆者: 松下 宏
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!