フォルクスワーゲン  &  ジャガー  &  アウディ ゴルフ  &  XF  &  R8 2009年上半期ベスト・バイ・カー【輸入車】/河村康彦

記事・レポート 特集 特集-その他 2009年上半期ベスト・バイ・カー【輸入車】/河村康彦

2009年上半期ベスト・バイ・カー【輸入車】/河村康彦

この記事に登場する車: フォルクスワーゲン ゴルフ | ジャガー XF | アウディ R8

Text :
Photo:
フォルクスワーゲングループジャパン(株)/ジャガー・ランドローバー・ジャパン(株)/オートックワン編集部
2009年上半期ベスト・バイ・カー【輸入車】/河村康彦

トータルベストカー/フォルクスワーゲン ゴルフ

基本骨格をキャリーオーバーとし、“ダウンサイズ・コンセプト”を適用したパワーパックもゴルフVに採用したアイテムを継承するなど、構造的な検証を行えば、「従来型をビッグマイナーしたに等しい」というフレーズにも納得が出来てしまうゴルフVI。

が、改めて見て、乗ってみればその出来栄えが周辺ライバルたちを圧倒するものである事は否定のしようがない――それが最新ゴルフの実力だ。

日本で“エコカー”と言えば、それは今や“ハイブリッド”と同義語だが、最新ゴルフのクルージング燃費の素晴らしさは、そんな常識に「待った」をかける。

そもそもゴルフの生まれ故郷であるドイツを中心に、昨今のヨーロッパの郊外路からは、交差点が急速に姿を消しつつある。

それをラウンドアバウト(ロータリー)へと変える事で、可能な限り一旦停止を無くそうというのが最新ヨーロッパの道路施策。

なるほど、新しいゴルフはそんな環境下でこそ、さらなる実力の燃費性能の高さを発揮しそうな1台でもある。

ベストドライビングカー/ジャガー XF

「ベンツ/ビーエム」などのドイツ勢に比べれば走行性能は今ひとつ――そんなイメージを“迷信”として一蹴するのが、XFの高度な運動性能。

全長殆ど5m級という大柄サイズのセダンでありながら、このモデルを操る際の“人車一体”感の高さは想像を遥かに超える。

中でも、ジャガー社オリジナルによる最新設計が行われた8気筒エンジン搭載車は、スーパーチャージャー付きも自然吸気モデルも、そのパワーフィールはすこぶるゴキゲンだ。

そんなパワーユニットの仕上がりぶりを存分に引き出すのが、ファインチューニングを施されたトランスミッション。

構造的にはオーソドックスなトルコン式ATながら、最新のDCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)にヒケを取らない、タイトなパワー伝達感やシフトの俊敏性が何とも秀逸。

ちなみに、世界屈指のスポーツセダンであるXFRの走りのポテンシャルの高さは、AMGメルセデスや“M”マーク付きのBMW車に勝るとも劣らない。

ベストデザインカー/アウディ R8 V10

まるで獲