autoc-one.jp 記事・レポート 特集 PR企画 ダンロップ LE MANS V(ル・マン ファイブ)MOVIE IMPRESSION インプレッション =高速道路編=

DUNLOP LE MANS V(ダンロップ ル・マン ファイブ) MOVIE IMPRESSION

タイヤの快適性能はついにここまで来た 最新LE MANSのパフォーマンスは本気度が違う!

快適/低燃費/ロングライフ 低燃費タイヤ

高速道路編

高速度域から得られるさらなる安定感は、忍・静・安が一体となる瞬間

安定性を高めるカギは接地長の長さ

高速道路では、静かさ、乗り心地の良さに加え、安定感の高さが印象的だった。これは一般道でのどっしり感につながるもので、接地長の長さが安定性を高めているということだろう。ハンドルにも適度な重さがあって、安心感もある。

転がり抵抗が良いせいか、車速の落ち方はまるで滑空しているかのよう DUNLOP LE MANS V(ダンロップ ル・マン5)は、全サイズ転がり抵抗AA 高速道路では、乗り心地の良さに加え、操安性の良さが印象的

安定感があるのに、転がり抵抗が少ないのもLE MANS Vの特徴の一つに挙げていいだろう。特に感じるのは、一定速で巡航しているとき、道路がわずかに下り坂になった時。車速を一定に保つためにアクセルをわずかに戻すが、車速の落ち方がとてもゆっくり…というか滑空しているような感じ。明らかにタイヤの転がり抵抗が少ないのを実感できる。全サイズ転がり抵抗AAだけの事はある。

高速道路上でジョイント部分の段差を踏んでもタイヤが上手にショックを吸収し、マイルドな乗り味に
SHINOBIテクノロジーとサイレントコア(特殊吸音スポンジ)により、ガードレールや側面などの反射音が少ないサイドウォールとトレッドのクッション性を向上させた新技術により「乗り心地性能」と「静粛性能」が向上

静粛性では、とくにパターンノイズの少なさに感心した。速度が上がるほどパターンノイズはノイズとしての比率を高めてくる(ように思う)。ガードレールや側壁の反射音などでウイーンといったやや高めのノイズが聴こえてくるはずなのだが、それが極端に少ない。ダンロップによれば、SHINOBIテクノロジーによる新パターンの効果だという。実際これだけ静かだと、ナルホドと納得してしまう。

もう一つ。ジョイントなどの段差を高速で踏んだ時のショックがマイルドだ。突き上げはあるのだが、タイヤが上手にショックを吸収してくれる。これは柔らかさというよりダンピングの良さが効いてくる。SHINOBIテクノロジーによるサイドウォールの真円プロファイルが効いているのだと思う。

TEXT:斎藤聡  PHOTO:和田清志

Sponsored by DUNLOP

NEW! 実感できる快適性をあなたに。 LE MANS V メーカーサイトへ