autoc-one.jp 記事・レポート 特集 PR企画 MICHELIN X-ICE XI 3 総力特集

MICHELIN X-ICE XI3 総力特集

MICHELIN X-ICE XI3 総力特集

トレッドパターンが持続する。アイスブレーキも持続する。

高速走行でもブロックがヨレることなく、安定して走れる深溝構造のトレッドデザインを採用。
たとえ40%摩耗しても、新品購入時からトレッド面の変化が少ないため、氷路面でもアイスブレーキの初期効果が持続します。

*1 実際の走行による摩耗ではなく、専用の装置による研磨で溝(サイプ)の高さを40%削っています。スタッドレスタイヤは溝(サイプ)の深さが50%以下になると、冬用タイヤとして使用できません。

日本の先進技術から生まれた、日本の冬のためのスタッドレス

冬の道こそ、運転には細心の注意が必要だ。だからこそいいタイヤ、いいスタッドレスを選んでほしい。
特に日本の冬路面は様々な表情を見せ、世界でも特異な状況下にあると言われている。ウェットスノー、パウダースノー、アイス、シャーベット路面など、この狭い国土の中で多種多様な顔を覗かせ、ドライバーには常に高い緊張感が付きまとう。
ご存知の通り、ミシュランはフランス発の世界が認めるタイヤメーカー。そのため日本の道も徹底的に研究し尽していることは今更言うまでもない。
その証拠にミシュランのスタッドレスタイヤのグローバル開発拠点はここ日本にある。だからこそ信じてほしい。ミシュランのスタッドレスタイヤの力を。そしてX-ICE XI3の真のポテンシャルを!

「止める力」が長く続く。冬のドライブに安心感を。 MICHELIN X-ICE XI3 詳しくはこちら
クルマ選びの総合支援ポータル オートックワン