autoc-one.jp 記事・レポート 特集 PR企画 ダンロップ WINTER MAXX 02 激走インプレッション インプレッション =ワインディング編=

ロングパフォーマンス スタッドレスタイヤ ダンロップ史上最高傑作スタッドレス。 斎藤聡が極寒・冬の北海道を激走インプレッション!! 03 インプレッション ワインディング編

MOVIE

トラクション性能が試されるワインディング厳冬、北の山岳路での手応えとは!?

ワインディングを走らせると、市街地や郊外路で感じたタイヤの応答性の良さがさらにはっきりと感じられる。その前提としてしっかりとグリップ性能があるというのがじつは肝心なところ。

ダンロップ史上No.1氷上性能を謳っているが、雪上性能もかなり進化している。圧雪路面を掴み、蹴るトラクション性能。
これがあるのでタイヤが常に路面をとらえている感覚がある。コーナーでも、ブロックの縦のエッジ成分が歯を立てるようにエッジを効かせ、圧雪路面に踏ん張る感触を作り出している。

その感触が明瞭で、わかりやすいのがWINTER MAXX 02のいいところだろう。
そのうえで、タイヤのサイドウオール形状や、トレッド面剛性、タイヤのねじれ剛性といった部分のチューニングが上手くなされたことで、ハンドルを切り出した時の手応えの良さと応答性の良さが上手くあって、ダイレクトなドライブ感覚が得られているのだろう。

難しいことはさておいても、曲がりくねった道を走らせていても、タイヤが路面をしっかりとらえてくれることで得られる落ち着きや安定感がある。またハンドルを切り出すと、ハンドル操作に応じた遅れの少ない素直な応答が出てくれるので、いつも自分のコントロール下にあることを実感できるのがいい。

Text:SATOSHI SAITO/Photo:EIJI SHIMAMURA/Sponsored by. DUNLOP

DUNLOP ダンロップ史上最高傑作スタッドレス。 WINTER MAXX 02 No.1氷上性能No.1 長持ち 詳しくは公式WEBサイトへ