autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート エコ・ロマンティックパーキングとは何でありますか!?

イベントレポート 2008/12/1 18:30

エコ・ロマンティックパーキングとは何でありますか!?(1/3)

Text: マリオ 高野 Photo: マリオ二等兵
エコ・ロマンティックパーキングとは何でありますか!?
結団式2 首都高速株式会社 長谷川会長

自分の愛車はエコカーじゃない・・・。そんなことに、ちょっとした後ろめたさを覚えてしまう昨今ですが、エコカーじゃなくても環境のためにできることはたくさんあります。そのひとつがアイドリングストップ。

スポーツカーだろうと重量級SUVだろうと、無駄なアイドリングをやめるだけで燃費はグッと良くなり、二酸化炭素の排出量を激減させることができる! これを少しでも世に定着させるべく、首都高大黒PAにて日本自動車ジャーナリスト協会などの協力のもと「首都高エコ・ロマンティックパーキング」が催されました。

結団式1 日下部 保雄氏

今回の結団式の音頭を取られたのは、首都高速株式会社のトップ・長谷川会長殿でした。会長殿いわく、東京都内で活動するドライバー全員が、毎日アイドリングを10分間やめるだけで、年間にするとドラム缶100万個分ものガソリンを節約できるのだとか!東京のJR山手線の円の中の、さらに1.5倍の面積の森が出現することと同じ効果が得られるそうです。

なんともわかりやすい数字での説明に、深く頷かされました。

また、イベント開催期間中は、電気自動車の「スバルR1e」や、水素燃料で走る「トヨタFCHV」「マツダRX-8ハイドロジェンRE」などの、未発売のエコカーを同乗試乗することもできました。これらを日下部保夫氏や萩原秀輝氏、スーザン女史といった有名自動車評論家の運転で味わえるとあって、自動車マニアの満足度はすこぶる高いものがあった模様です。

トヨタFCHVマツダRX-8ハイドロジェンREスバルR1eイベント風景1イベント風景2
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!