autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 国産セダンは人気がない!?日本でセダンが売れない2つの理由 4ページ目

自動車評論家コラム 2016/8/15 11:52

国産セダンは人気がない!?日本でセダンが売れない2つの理由(4/5)

国産セダンは人気がない!?日本でセダンが売れない2つの理由

価値観が硬直化しているセダン

レクサス GS F

SUVやミニバンが普及した今のセダンの価値は、優れた走行安定性と乗り心地、上質な内外装に置かれ、要は「スポーティ」と「プレミアム」に集約される。

セダンは価値観が硬直化しており、後発のレクサスは、既存のどこかのブランドと重複しやすい。新たに入り込む余地を見つけにくいことも、後追い的な印象を強めている。

そうなると昔から日本車が得意だった各種のメカニズムや装備で差を付けたいが、最近は燃費の優れた小排気量のターボから、緊急自動ブレーキや運転支援の機能まで、欧州メーカーに先を越されるようになった。

昔のような「国産車は基本的な走りは不満だけど、ターボや先進装備がいろいろ付いて安いから買う」という評価すら成り立たなくなってきた。この点は国産車にとって痛手だろう。

クルマの基本的な機能は「走る・曲がる・止まる」という走行性能と乗り心地だが、最近は全般的にレベルが向上して、走りに不満を感じる車種は減った。

そこで感覚的な部分、例えば機敏な運転感覚で個性を演出しようと考えても、走行安定性や長距離移動時の快適性と両立させるのが難しい。

「走りの個性」とは良く聞く言葉だが、その演出がしやすかったのは、走りが発展途上の段階だった。クルマが進化すると各車種がバランスの良い方向性に集約され、差が付きにくくなる。

本来国産車が得意であった「付加価値」を今こそ発揮させる時なのだが・・・

ホンダ アコードホンダ アコード

そこで優劣を決めるのが、安全装備や燃費性能といった各種機能の先進性。

今こそ国産車が得意な付加価値を発揮させる時なのだが、この分野で欧州車に勝てないのは困る。売れ行きが下がったことで商品開発が停滞し、さらに売れなくなる悪循環も見受けられる。

これではセダンの購買層が、伝統があって、なおかつ先進機能も優れた欧州車を選ぶのは当然だ。追いかける日本車よりも、あらゆる面で先をいく「本場」の商品に魅力を感じるだろう。

輸入車の課題は価格だが、最近は日本車の価格帯が上に向けて拡大し、輸入車は相対的に割安になって、双方の垣根が低くなった。

例えばトヨタのヴェルファイア&アルファードは、両車を合計すると1ヶ月に6000~7000台は売れる。トヨタ ヴィッツなどと同等だ。そしてヴェルファイア&アルファードのハイブリッドにカーナビなどをオプション装着すると、総額は500~600万円に達する。

これらの購買層にとって、先進装備を満載した新型メルセデス・ベンツ Eクラス(E200アバンギャルドは675万円)は、あながち高価格ではないだろう。「ヴェルファイアに飽きたから、次はEクラスに乗ろうか」という代替えは十分に起こり得る。そうなると、国産セダンはさらに浸食されていく。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!