BMW 中国全土で3割、地方都市では6割がコールセンターで通販!!

記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 中国全土で3割、地方都市では6割がコールセンターで通販!!

すでに大国では新車をネット通販で買う動きが本格化!10年後の日本はどうなる? (2/2)

BMW 車種情報

Text :
中国全土で3割、地方都市では6割がコールセンターで通販!!

中国全土で3割、地方都市では6割がコールセンターで通販!!

先日の北京モーターショーの際、ホンダの中国事業統括者と経済メディアとの合同インタビューがあり、筆者も参加した。

その際、「天猫Tモールでの、販売の実態を教えて頂きたい。将来的にはネット通販が可能になると思いますか?」と聞いてみた。

これに対して「現状では、天猫Tモール経由での販売数は、中国全土の約3割です。また、ディーラーが少ない地方都市では6割近い。これらは事実上、コールセンターによる通販です」と回答があった。

この「天猫Tモール」とは、中国でのネット通販最大手のアリババが運営する、ネット通販のポータルサイトだ。中国人にとって、ネットで買い物する時は、必ずといってよいほど利用する超人気サイトである。

そこでクルマを買おうとする場合、アリババと各自動車メーカーが協業するサイトへ飛ぶ。そこはまるで、メーカー直系のサイトのように見える。そこでクルマの情報を得て、近隣のディーラーへと紹介してくれる。そして、実店舗に行かなくても、コールセンターとのやり取りだけで、新車が購入できてしまうのだ。

2016年現在、日本で新車を買う場合、ネットや雑誌で情報を集める。そして、実際に近くのディーラーに行ってみる。ディーラーマンと値引き交渉したり、試乗したり。そうした「遠足の前」のような時間と空間にウキウキする。

そんな買い方が変わる日は来るのか?それとも、カーディーラーが現在のビジネスモデルを死守することで、ネット通販は解禁されないのだろうか?

果たして、10年後どうなるのか、いまからとても楽しみだ。

[Text:桃田健史]


オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!pgletag.cmd.p
買う日は近い!?<b
d="or"h-29460940" />
al-2場ial/2c=" 支援ss="しム式㡖車?販ギヂソ"n/limage.autoc-onef="/bPHV;" t彩 ommon2/imagne.方都こぃヿー
45534ipt2type="text/javascript"> googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1384846761227-6'); });
  • n/li/li> を買div>