autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 中国、この時期に「くまモン」パクるが、日本車パクリは急減!その理由とは?

自動車評論家コラム 2016/4/30 19:58

中国、この時期に「くまモン」パクるが、日本車パクリは急減!その理由とは?(1/2)

Text: 桃田 健史 Photo: 桃田健史
中国、この時期に「くまモン」パクるが、日本車パクリは急減!その理由とは?

どのメーカーもパッと見、「似たようなモノ」

中国で、日本車パクリが急減

中国のモーターショーといえば、日本車パクリのオンパレード。日本のメディア関係者には、そうしたイメージが未だに強い。ところが、実際はまったく違う。

今回の北京モーターショーで、日系メーカー、中国地場メーカー、アメリカメーカー、そして欧州メーカーの各ブースをひと巡りしたが、「どれがどれだか、さっぱり分からない」という印象だ。

どのメーカーも、パッと見た目には「似たようなモノ」なのだ。こうした現象が発生した理由はいくつかある。

第一の理由は、中国でSUVブームになったこと。90年代後半から2000年代にかけて、中国は生涯で初めてクルマを購入する「ファーストバイヤー」が急増。彼らのお目当ては、無難なセダンだった。

そうした人たちがそろそろ、生涯で2台目を購入する時期になり、「今度は少し違ったクルマが欲しい」と考え出した。その矛先がSUVになった。

中国で、日本車パクリが急減

そもそも中国でのSUVは、アメリカで留学や駐在した中国のエリート層が中国本土に持ち帰ったカルチャー。それを、庶民が憧れたのだ。

そうしたアメリカ生まれのSUVは、クーペやセダンに比べてデザインの自由度が低く、各メーカーにとってデザインの差別化が難しい。

さらに、中国地場メーカーは欧米メーカーからデザイナーを引き抜いたり、ピニンファリーナやイタルデザインなどイタリアのカロッツェリアにデザインを委託している。

そのため、中国製なんだか、欧州製なんだか分からないようなデザインのSUVが続々登場してしまった。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!