スズキ バレーノ スズキ バレーノ ROAD IMPRESSION 徹底解説特集(page02)

記事・レポート 特集 PR企画 スズキ バレーノ ROAD IMPRESSION 徹底解説特集 ロードインプレッション CITY ROAD編

自動車ジャーナリスト 渡辺陽一郎・小沢コージによる新型車徹底解説!スズキ バレーノ ロードインプレッション:CITY ROAD編

最大の魅力は、欧州仕込みの走りとそのスタイリングにある

インプレッションムービー:渡辺陽一郎

バレーノの1.0L直噴ターボブースタージェット エンジンは、排気量が1リッターながら、ターボの装着によって最高出力が111馬力(5500回転)、最大トルクは16.3kg-m(1500~4000回転)を発揮する。加速性能は1.6リッター並みだ。
 特に最大トルクが1500~4000回転という幅広い回転域で発生するため、低回転域から滑らかな加速が行える。3000回転付近を超えると加速力が活発になり、市街地から峠道の登坂路まで余裕を持って走れる。
 トランスミッションが有段式の6速ATになることも注目点だろう。加減速にダイレクト感が伴ってメリハリがあるから、運転して楽しく、街中では速度の微6う驞仕辂ga1襟ミ力1 ler/"し6箂statistatiか鋟犠速00助T登た3000 皂