日産 インフィニティ、「QXスポーツインスピレーション」を中核に数車種の新型クロスオーバー量産化へ

記事・レポート 特集 自動車評論家コラム インフィニティ、「QXスポーツインスピレーション」を中核に数車種の新型クロスオーバー量産化へ

インフィニティ、「QXスポーツインスピレーション」を中核に数車種の新型クロスオーバー量産化へ

日産 車種情報

Text :
Photo:
桃田健史/インフィニティ
インフィニティ、「QXスポーツインスピレーション」を中核に数車種の新型クロスオーバー量産化へ

次世代クロスオーバーデザインの原点を具現化

インフィニティは北京モーターショー2016で、コンセプトモデル「QXスポーツインスピレーション」を世界初公開した。

これは、次世代のクロスオーバーモデルにおけるデザインの原点を具現化したもの。いわゆる「デザインスタディモデル」とは違い、多様な車種への量産化を前提としたコンセプトだ。

■量産化を前提としたコンセプト「QXスポーツインスピレーション」画像ギャラリーはコチラ

ボディサイズは、全長4600mm×全幅1900mm×全高1650mm、ホイールベースが2800mm、そしてグランドクリアランスが230mm。

こうした数字だけ見ると、けっして大柄とはいえないが、フォルム全体の力強さによって、実物はかなり大きく見える。

デザインとしては、フロントグリル形状、三日月型のCピラーのカットラインなど、インフィニティのデザインアイコンを継承。その上で、ボディサイドのキャラクターラインを高めに設定。さらに、それをフロントからリアまで水平に豪快に貫いた。

リアビューでは、ボディサイドとルーフからのラインをかなり絞り込んだ結果、クーペの雰囲気が色濃く出た。

インテリアは、ドライバーの存在を強調し、コックピット内での「囲まれ感」を最も重視した。また、ダッシュボードの中央部分は、一見すると木材のように見えるが、実はレザーを丁寧に磨き上げた匠の技が光る。

ハイブリッドを念頭にエンジンのダウンサイジングは必然

エンジンなど、パワートレインについては、プレスリリースにまったく記載がない。そこでデザイン担当者に直接聞いてみたところ「CAFE(企業別平均燃費)が厳しくなる中国市場を意識した世界モデルとしては、ハイブリッドを念頭にエンジンのダウンサイジングが必然」と答えた。

さらに「このモデルを中核として、少なくとも2~3の新型クロスオーバーを量産するつもりだ」と付け加えた。

日本には未導入のインフィニティブランドだが、クロスオーバーの多様化が進めば、以前の「FX」ブームのように、日本でも「QX」系の逆輸入車が増加するかもしれない。

■量産化を前提としたコンセプト「QXスポーツインスピレーション」画像ギャラリーはコチラ

[Text:桃田健史]

  • 1

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!