autoc-one.jp 記事・レポート 特集 カーソムリエ “AE19”学生達による試乗レポートを掲載!~“Assistant Editor”「クルマ離れと戦う学生19人」 11

“AE19メンバーの紹介&レポート”

宇佐美彬 さんのマツダCX-5試乗レポート

  • 宇佐 美彬
    芝浦工業大学
    所有車 : プジョー 106
    中学生の頃に友人の影響で車に本格的にハマって以来ずっと車好きです。 特にスポーツカーや、モータースポーツなど、走りの面に興味を持っています。 運転に関しては、丁寧に操作しスムーズに車が動くことを心掛けてます。 今後、もっと幅広い知識を身に付けていきたいです。

    このクルマを一言で表すと?

    ずっしり安定感のあるSUV

    CX-5についてのオススメポイント

    ディーゼルというと、やっぱりトラックのイメージしかないという人も多いと思います。振動や騒音の面で、ディーゼルエンジンは気になることがいくつかあるかと思いますが、実際に私が乗ってみた感想としてはディーゼルエンジンの欠点の部分は全く気にならないということです。むしろ、感じるのはディーゼルならではのトルクフルな加速。嫌な振動や騒音を感じさせずにスムーズに力強く加速していくことに驚きました。そしてもう一つ驚いたのが運転のしやすさ。サイドミラーの大きさ、配置が絶妙で後方視界が良く、また車幅もつかみやすい。このことにより、あたかもボディサイズがひとまわり小さくなったかのような感覚で運転ができるので、普段コンパクトカーに乗っている人でも割と違和感なく乗れるのではと思いました。

    CX-5についての不満な点

    良くも悪くもずっしりとした乗り味だなと感じました。
    エンジンが回るフィーリングは、良く言えば「ずっしり力強く」悪く言えば「もっさり重たい」。これはディーゼルエンジンである以上仕方がない事かと思いますが、ここはやはりガソリン車と比べるとどうしても違和感が残ってしまうでしょう。また、車体の動きや、シートから伝わる車の挙動に関しても、良く言えば「どっしり安定感のある」悪く言えば「重さを感じてしまう」といった印象でした。