autoc-one.jp 記事・レポート 特集 カーソムリエ “AE19”学生達による試乗レポートを掲載!~“Assistant Editor”「クルマ離れと戦う学生19人」 10-1

“AE19メンバーの紹介&レポート”

梅原昂平 さんのホンダN-ONE試乗レポート

  • 梅原 昂平
    早稲田大学
    物心がついた頃からクルマが好きで、今では大学院でエンジン工学を学んでいます。三つ子の魂百までといいますが、いつのまにかクルマ漬けの生活になってしまいました。 好きな車は欧州車、特にポルシェが好きです。工業製品として完成度の高さが素晴らしいと思います。 エコカーの技術的な知識に関しては誰にも負けません。どうぞよろしく!

    このクルマを一言で表すと?

    本当に軽!?

    ホンダN-ONEについてのオススメポイント

    軽自動車とは思えない質感,トルク感でした.試乗したのはターボ付きの最上位グレードでしたが,価格帯が同じフィットの廉価グレードを買うくらいなら,正直これを買ってもいいくらいです.エンジンパワーについては,今までの軽自動車のイメージでは発進加速の際に気合を入れてアクセルを踏まないと全然進まないという感じでしたが,この車は出足がすごく軽い.普段の街乗りで,少し流れが速い道や坂道でも不自由しません.乗り心地については,足回りが少し硬めの仕様なのか,安心して運転することができます.内装も樹脂部品の見た目がすごく凝っていて,一見して同じ日に試乗したCX-5よりも上質だと感じました.

    ホンダN-ONEについての不満な点

    まずシートついて,いまいちホールド感に欠ける形状で,安っぽい手触りの素材だと感じました.ただし,軽自動車の価格帯ではこのあたりが限界なのかもしれません.次に,足回りが硬めの仕様であっても,なんとなく重心が高くてロールが比較的大きいような印象を受けました.車内はそこそこ静かですが,やはり長距離のドライブは疲れてしまうかもしれません.最後に,ドアを閉めた時にはどうしても軽自動車らしい感触がしてしまいます.ボディの厚みやドアの重さなどに関係するものだと思いますが,ドアを閉めた瞬間の感触がもっと上質になれば良いと思います.