autoc-one.jp 記事・レポート 特集 カーソムリエ “AE19”学生達による試乗レポートを掲載!~“Assistant Editor”「クルマ離れと戦う学生19人」 08-2

“AE19メンバーの紹介&レポート”

米澤真広 さんの日産ノート試乗レポート

  • 米澤 真広
    横浜国立大学
    運転席に座った瞬間から、顔がにやけてしまうクルマが最も理想的なクルマです。 その要素をランク分けすると以下になります。 1.速く走れはしなくとも、操作に対して忠実に動作し、クルマからの情報がよく伝わってくる足回り 2.レスポンスのいいエンジン 3.ドライバーに適切な情報を与えるインパネ 4.ダイレクト感のあるトランスミッション 5.どこか知らない街へ行きたくなるような室内空間やユーティリティ 以上が主な評価軸です。

    このクルマを一言で表すと?

    誰もが同じように乗れて楽しめるコンパクトカー

    日産ノートについてのオススメポイント

    結論は,アラウンドビューモニターを付けたいならメダリストがオススメ!スーパーチャージャーの走りを楽しみたいなら15インチホイールが一押し.
    個人的にX DIG-Sというグレードを試乗していたので,今回のMEDALISTとの比較は非常に面白かった.

    ・まずは両方に共通の部分について.
    このエンジンは燃費志向のエンジンと思ってはいけない.ECOモードのままでもスイスイ加速するのだ.ドライバーは何も気にせず今まで通りに運転しても,エコメーターを見ながら燃費にチャレンジしても,新たな運転の楽しみを体験できるはずだ.私が好感を持ったのは,レーンチェンジの際の軽快さである.ぜひ一度体験してほしい.

    ・これらのグレードによる違いについて.
    基本的な構成は変わらないものの,魅力的なオプションがMEDALISTには含まれている.例えば,コンパクトカーで初めてアラウンドビューモニターを標準設定している点.カラーリングも一目でそれとわかる特別なものだ.その他,快適性を高めると同時に安全性も高めてくれる機能が盛りだくさんなのだ.ノーマルグレードにアラウンドビューモニターをオプションで付けるならMEDALISTにしてしまった方がお財布にやさしいのではないだろうか.詳しくはディーラーに相談してほしい.

    日産ノートについての不満な点

    このクルマには大きな不満点はないのだが,不満に感じたのは以下の3点.
    まず,MEDALISTの内装の高級感が外装の派手さに比べ控え目であった事.もともと室内は快適であるのだが,インパネ周りはマーチと同じ系統のデザインを取り入れているのでややチープな印象を受けてしまうかもしれない.MEDALISTと聞いてローレルをイメージしてしまう方は,注意した方が良い.
    次に,シートアレンジのパターンが少なく,最大限に拡大した荷室には段差が生じてしまう点.日常的な荷物の量では,シートアレンジよりもマルチラゲッジボードによる恩恵の方が大きいと思われるので,大きな不満ではないが,荷物によっては積み方に工夫が必要になるかもしれない.
    最後に,14インチホイールが標準である点だ.レーンチェンジや交差点での踏ん張り方を見ていると,15インチの方が癖がなく,安心感がある.試乗するのなら絶対に15インチホイールのものをお勧めしたい.