autoc-one.jp 記事・レポート 特集 カーソムリエ “AE19”学生達による試乗レポートを掲載!~“Assistant Editor”「クルマ離れと戦う学生19人」 06-1

“AE19メンバーの紹介&レポート”

竹内靖貴 さんのホンダN-ONE試乗レポート

  • 竹内 靖貴
    日本大学
    所有車 : マツダ ロードスター
    その車が持つ利便性(積載や乗車定員)よりも、見た目や走行性能、官能性といった情感的な部分を重視します。それは、車を道具としてよりも趣味そのものとして見ているからであり、またファッションとして自分を表現するものとしての存在であるからです。
    第1回学生選手権ファイナリスト

    このクルマを一言で表すと?

    小さくて、広大

    ホンダN-ONEについてのオススメポイント

    一目で、ここまでクルマをかわいいと思ったことはないです。つぶらな瞳とそのスモールボディーが相まって、まるで子犬に抱くような愛着を覚えました。ずっとそばにいて眺めていたい、そんなデザインのクルマはそう多くはありません。しかも、その外見は何も女性だけが好むようなものではなく、男性が見ても愛着を持てる、もっと普遍的なものであると思いました。見た目はスモールながら、室内はセンター・タンクレイアウトの恩恵もあって後席も余裕たっぷり。そしてフィットでもお馴染みの後席跳ね上げ機能によって荷物も積めます。インテリアも、幅が軽自動車規格で作られているということに目をつむりさえすれば申し分ないです。むしろ、グレードによってはこんなに贅沢で良いの?と思わせるほどです。一見シンプルな外見とは裏腹に、中身は工夫で凝らされたつくりで、良い意味で裏切られました。軽自動車だからといって敬遠している人にこそ見てもらいたいクルマだと思いました。

    ホンダN-ONEについての不満な点

    唯一あるとしたら、値段が高いということです。でも、売れていることから、軽自動車は安いのが全てでは無いということがわかります。消費者もしっかり品質は見ていて、コストがかかってる良いものにはそれなりの代価を支払うのでしょう。ただ、最初から軽自動車にそこまでのクオリティや装備を求めていない人には少し値段が張るという気がしました。そぎ落とすところはそぎ落として、価格の面でも消費者にアピール出来たら良いと思いました。。