autoc-one.jp 記事・レポート 特集 カーソムリエ “AE19”学生達による試乗レポートを掲載!~“Assistant Editor”「クルマ離れと戦う学生19人」 05-1

“AE19メンバーの紹介&レポート”

鳥屋真之介 さんのホンダN-ONE試乗レポート

  • 鳥屋真之介
    立正大学
    所有車 : トヨタ JZA80スープラ
    「父の影響で、幼い頃から身近にクルマに触れてきました。乗ることはもちろん好きですが、自分好みにイジるのが特に好きです。 好きなクルマは、JZA80スープラ。主に国産平成一桁代のスポーツカー、スポーツセダンが好きです。 AEとして活動し、様々なクルマに出会えるのを楽しみにしています!

    このクルマを一言で表すと?

    セカンドカーでの軽自動車ではなく、メインで乗れる軽自動車。

    ホンダN-ONEについてのオススメポイント

    この車に乗るまで、軽自動車と言えば、内装は安っぽくて、乗り心地は「ガチャガチャ」、走りはかったるい。そんなイメージであったが、この車に試乗し、そのような「軽」自動車に対するイメージは激変した。まず、乗り込んだ瞬間に感じたのが、今までの軽自動車では感じた事のない高級感。スマートキーで、エンジンをボタン1つで掛けられるのはもちろんの事、ダッシュボードの質感、メーター回りはとても軽とは思えない出来であると感じた。走り出してみると、乗り心地は少し固めだがとても良く、アクセルを踏んだ分だけスピードが出る。今回試乗させていただいた車はターボ仕様だったのだが、街乗りでは十分なパワーだと感じた。ウインカーの操作感、質感も安っぽさが全くなくとても良い。そして、外見からは想像できない室内の広さ。後部座席は大人が2人乗っても十分なスペースがあるし、収納スペースも十分確保されている。外装に目を向けると、可愛さもあるが、かっこよさもあり、男性が乗っても女性が乗っても違和感ない。そして、手塗りの2トーンルーフはホンダの本気さを感じた。今回試乗させていただいた中で、唯一の軽自動車であったのだが、いい意味で軽自動車っぽさがなく、他車種と対等に評価し合えたと思う。

    ホンダN-ONEについての不満な点

    内装の出来がとても良かっただけに、信号待ちの際のルームミラーの振動が少し気になった。通常、3気筒の軽自動車ということを考えると、このあたりは許容範囲内である思うが、この車は完成度が高い為に、そのような細かいところがどうしても気になってしまった。そして、良い点に手塗りの2トーンルーフを挙げたが、この2トーンルーフは5スタイルの中からしか選べない設定となっている。ボディとルーフのカラーを自由に組み合わせて選択出来たら、さらに面白いと思う。