autoc-one.jp 記事・レポート 特集 カーソムリエ “AE19”学生達による試乗レポートを掲載!~“Assistant Editor”「クルマ離れと戦う学生19人」 04-4

“AE19メンバーの紹介&レポート”

大塩純平 さんの日産フェアレディZ試乗レポート

  • 大塩 純平
    芝浦工業大学
    所有車 : マツダ ロードスター
    第1回学生選手権ファイナリスト
    軽自動車からレーシングマシンまで、クルマの事ならなんでも好きです。 11年前、Z33型フェアレディZに出会って以来、クルマにのめり込みました。以来、グランツーリスモを通してクルマの楽しさ、チューニングの奥深さを知りました。 もっと多くクルマの事を知りたい好奇心を大事にしています。

    このクルマを一言で表すと?

    ヨーロッパ系アメリカン

    日産フェアレディZについてのオススメポイント

    なんといっても大排気量NAの味と適度な乗り心地だろう。
    今の世の中ダウンサイジングは当たり前、小排気量にターボを付けるのがトレンドである。しかし、そんな中でもこんな一台があっていいじゃないか!そう思わせる一台である。さすがにNAだけあってアクセルに対するレスポンスは鋭く、リニアに反応してくれる。また、シンクロレブコントロール搭載の6MTはシフトダウン時に瞬時に回転を合わせてくれるのは、思っていた以上に爽快だった。エンジン音やドライビングポジションから見える感覚はアメリカンな感覚であるが、足回りはしなやかなヨーロピアンテイスト。コーナリング中のロールは抑えられ、乗り心地は丁度いい。このアメリカンなエンジンとヨーロピアンな足回りが、このクルマのオススメポイントだろう。

    日産フェアレディZについての不満な点

    路面からのノイズが特に気になる不満点だ。タイヤのノイズが大きく、エンジンノイズや排気音がほとんど入ってこない。その為シフトアップのタイミングが計り辛かったのが不満点である。もう少しタイヤのノイズを小さくし、エンジンノイズやエグゾーストノートを楽しめれば尚良いと思う。
    また、ボディサイズ以上に大柄に感じてしまう事も一つ不満点。後方視界が悪いのはまだしも、着座位置から前後間隔をとりにくいのは少々難がある。もう数ミリ、視界が向上してボディサイズにあった車体の感覚を持てれば最高だと思う。