autoc-one.jp 記事・レポート 特集 カーソムリエ “AE19”学生達による試乗レポートを掲載!~“Assistant Editor”「クルマ離れと戦う学生19人」 04-3

“AE19メンバーの紹介&レポート”

大塩純平 さんの日産ノート試乗レポート

  • 大塩 純平
    芝浦工業大学
    所有車 : マツダ ロードスター
    第1回学生選手権ファイナリスト
    軽自動車からレーシングマシンまで、クルマの事ならなんでも好きです。 11年前、Z33型フェアレディZに出会って以来、クルマにのめり込みました。以来、グランツーリスモを通してクルマの楽しさ、チューニングの奥深さを知りました。 もっと多くクルマの事を知りたい好奇心を大事にしています。

    このクルマを一言で表すと?

    プレミアムコンパクト

    日産ノートについてのオススメポイント

    車格が違うと思う程の上質さが最大のポイントだろう。
    正直なところ、乗った時には驚きを隠せなかった。今まで乗ったどのコンパクトカーよりも内装の質感に上質さを感じたのである。黒を基調としたインテリアの中に、若干のブルー。そしてシルバーやピアノ調パネルといったコントラスト。そして浮かび上がる様なメーターパネル。最上級モデルのメダリストだから、といってしまえばそれまでだが、それでも他のコンパクトカーには無い風格をまず感じた。
    走ってみてもこれまた驚き、ステアリングの感触がどっしりと安定していた。コンパクトカーはステアリングをクイックにして狭い道でも軽やかに回る印象が強いが、ノートはこれらに比べると非常に安定志向。路面に煽られる事も無くコーナリングでの手ごたえも確かにある。
    また、スーパーチャージャーが搭載されている事もこのクルマのトピックであるが、2000rpm位では動作する事が無い。3000rpm位まで踏み込むとスーパーチャージャーが始動し、力を補うという仕様だった。しかし、過給が始まったからといっていきなり体が抑えつけられるような事も無く、少し高い音が聞こえる事以外は全く違和感なく走る事が出来る。普通の人なら作動、非作動の区別はほとんど付かないのではないだろうか。
    正直なところ、ティーダを廃止にしてノートの車格を上げて対処する事を聞いた時には何を考えているのか理解できなかった。しかし実際にはティーダ以上の上質さを持ちえたモデルとなった、そんなプレミアムコンパクトカーを実現した一台だと思う。

    日産ノートについての不満な点

    なんというか、”若々しさ”が無いところが不満点である。有体にいえば”オヤジ車”っぽいような気が…。試乗したモデルがメダリストだったという事もあるのかもしれないが、黒を基調にした上質なインテリアと重めのステアリングからくる乗り味が、若者には似合わないような、そんな印象を持たせたのかもしれない。インテリアの配色をブラック基調だけでなくベージュのような明るい色があればもう少し印象も変わるだろうし、通常グレードであればそういう印象も持たなかったかもしれない。少なくともメダリストは、若者が買うとちょっと浮く気がしてならないのが不満点である。