autoc-one.jp 記事・レポート 特集 カーソムリエ “AE19”学生達による試乗レポートを掲載!~“Assistant Editor”「クルマ離れと戦う学生19人」 03-1

“AE19メンバーの紹介&レポート”

北田英之 さんのホンダN-ONE試乗レポート

  • 北田 英之
    青山学院大学
    所有車 : マツダ アクセラ
    カフェで窓際に座るのは外を行き交うクルマを見るため。そんな根っからのクルマ好きです。フルモデルチェンジやマイナーチェンジ、更には特別仕様車や限定車のチェックは欠かしません。時にはサーキットに出向き愛車を走らせます。 やっぱりクルマっていいですね。

    このクルマを一言で表すと?

    これからの軽の新基準!

    CX-5についてのオススメポイント

    軽自動車とは思えない走り、そして広さを兼ね備えている点。運転しているうちに軽自動車であることを忘れてしまうほど。その理由は走りから感じる事が出来ます。走行中、どのような場面でもパワー不足を感じることはありません。また、フロントスタビライザーによりコーナリング時のふらつきがほとんど無い。走りだけでなく実用性の部分でもすぐれており、センタータンクレイアウトによって後席足元の広さは十分確保されています。走りと実用性、両方の面で非常に優れた軽自動車であることは間違いない!

    CX-5についての不満な点

    軽自動車にしては値段が張る点です。低いグレードで115万円、上級グレードでは150万円を超えます。装備などを考慮すると妥当な値段なのかもしれないが、軽自動車としてはもう少し押さえてほしいところです。また、インパネシフトを採用している影響か、エアコンの操作ボタンが一部助手席側寄りに配置されていて、運転席から操作するには遠いと感じるボタンがありました。また、前列のベンチシートは柔らかいため座り心地は良いが長時間運転するには適していないようにも感じられました