autoc-one.jp 記事・レポート 特集 カーソムリエ “AE19”学生達による試乗レポートを掲載!~“Assistant Editor”「クルマ離れと戦う学生19人」 02-3

“AE19メンバーの紹介&レポート”

湯川修平 さんの日産ノート試乗レポート

  • 湯川 修平
    青山学院大学
    所有車 : プジョー 106
    私は元々クルマに興味はありませんでしたが、大学自動車部に入部したことをきっかけにクルマが好きになりました。 教習所に通い出すまではATとMTの違いすらわかりませんでしたが、現在では左ハンドルMTのクルマを所有し、クルマのある生活を日々楽しんでいます。

    このクルマを一言で表すと?

    お手頃価格で買いたい。でも妥協はしたくないあなたに。

    日産ノートについてのオススメポイント

    軽自動車では小さく、ミニバンほどの大きさは必要ないためコンパクトカーを買いたい。とはいったものの、自分の予算内の金額では様々な部分を妥協して選ぶしかないと考えている方にこのクルマを勧めたい。コンパクトなのに広い室内、駐車の苦手な方にも優しいアラウンドビューモニターの採用、大きく見やすいメーター、そして低燃費なのに余裕のある走り、という他のクルマよりもちょっと嬉しい要素が多く詰まっている一台である。

    日産ノートについての不満な点

    価格の割には質感も良く、バランスのとれたクルマなのだが、今や低燃費は当たり前、それプラスαが求められてくる時代であり、これだけは絶対に他のクルマには負けない、というアピールがあまり伝わってこなかった。外観デザインもノートだからこのデザインにしたというより、日産だからこのデザインにしたというようにとらえざるを得ず、もっとはっきりとした個性を全面に押し出してくれば、より一目置く存在となるのではないだろうか。