autoc-one.jp 記事・レポート 特集 カーソムリエ “AE19”学生達による試乗レポートを掲載!~“Assistant Editor”「クルマ離れと戦う学生19人」 02-1

“AE19メンバーの紹介&レポート”

湯川修平 さんのホンダN-ONE試乗レポート

  • 湯川 修平
    青山学院大学
    所有車 : プジョー 106
    私は元々クルマに興味はありませんでしたが、大学自動車部に入部したことをきっかけにクルマが好きになりました。 教習所に通い出すまではATとMTの違いすらわかりませんでしたが、現在では左ハンドルMTのクルマを所有し、クルマのある生活を日々楽しんでいます。

    このクルマを一言で表すと?

    これだから軽自動車は...なんて言わせない。

    ホンダN-ONEについてのオススメポイント

    まず目を引くのはホンダの不朽の名車N360を彷彿させるデザインだ。最近はメーカーごとに生産される車のデザインは同じように見えがちである。しかし、このN ONEは軽自動車にも関わらず、手を抜くことなく全力を注いで作ったということがわかる。もちろんデザインだけではなく、コーナーでも安定した足回り、アクセルに足を軽く乗せただけでも全くストレスなく走れるといった優れた動力性能も兼ね備えている。また、後席は足を伸ばせるほどのスペースの余裕があるため、非常に快適だ。

    ホンダN-ONEについての不満な点

    一つ気になったのはコーナー時のハンドリングだ。駐車のときは軽い力でハンドルを回すことができるため女性には優しいが、コーナーでは安定した足回り、回頭性の良さを感じることができたが、逆にフワフワとしたハンドリングに少しバランスの悪さを感じた。車重が軽い分、安定した走りを実現することは難しいが、高速道路における直進安定性やワインディングでの安心感を得るにはもう少しハンドルが重くても良いのではないかと思った。