autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート オーテックオーナーズグループ(AOG)湘南里帰りミーティング2015【イベントレポート・オーナーインタビュー編】 2ページ目

イベントレポート 2015/11/30 13:24

オーテックオーナーズグループ(AOG)湘南里帰りミーティング2015【イベントレポート・オーナーインタビュー編】(2/3)

オーテックオーナーズグループ(AOG)湘南里帰りミーティング2015【イベントレポート・オーナーインタビュー編】

こーたろーさん/セレナ・ライダーHPS

こーたろーさん/セレナ・ライダーHPS
こーたろーさん/セレナ・ライダーHPSAUTECH OWNERS GROUP(AOG)湘南里帰りミーティング2015

ご自身初の愛車がマーチRだったことで日産(オーテック)ファンとなり、その後はパルサーVZ-R、ステージアアクシス350S、そして今のセレナ・ライダーパフォーマンススペックと、4台のオーテック車を乗り継がれました!

オーテック車でクルマの楽しさに目覚めて以来、スーパーGTの応援などでサーキットへも頻繁に足を運ぶようになり、今ではオーテック車ユーザー仲間の「つと民さん」とのコンビで湘南里帰りミーティングの人気コーナー「チーム(車種)対抗玉入れ大会」のMCも務めるなど、強烈な存在感を発揮されておられます!

「オーテック車で人生がシアワセに!」を象徴するユーザーさんの一人でありました!

ちなみに「チーム(車種)対抗玉入れ大会」で勝ったチーム(車種)は来年のイベントで一番前の場所(一番良い場所)に停められる権利が得られるので、参加者の皆さんはかなりガチでがんばっていました。

人数の少ないチームには、松田次生選手と菅野麻友さんが助っ人として加わるという、夢の特典も!(笑)

サンプラスさん/プリメーラ・オーテックバージョン

サンプラスさん/プリメーラ・オーテックバージョン
サンプラスさん/プリメーラ・オーテックバージョンサンプラスさん/プリメーラ・オーテックバージョン

イベント参加台数が増えてもなお、猛烈なオーラを放っていたのが初代P10プリメーラ オーテックバージョンです!

1994年のJTCC参戦記念に発売され、圧縮比アップやバルブタイミングの変更などで30馬力アップの180馬力に達したスペシャルエンジンを搭載。2オーナー目となるサンプラスさんが所有されてから18年、走行距離は18万キロを超えましたが、今でも7500回転までストレスなく吹き上がります!加速重視のギア比にて、5速での100km/h巡航でも3100~3200回転も回るそうですが、官能的なエンジンフィールのおかげで通勤でも快適至極!

「これに代わるクルマがない」のが唯一にして最大の悩みだとか。小型セダンベースの痛快オーテック車の再来に期待しましょう!

1103さん/ノートニスモS

1103さん/ノートニスモS
1103さん/ノートニスモS1103さん/ノートニスモS

以前はキューブキュービック(ノーマル)に乗っておられましたが、お子さんが大きくなり、自分本意のクルマ選びができるようになったタイミングで登場したのが、このノートニスモSでした。

日産の本社で発表後すぐにディーラーへ行って注文し、納車されてからちょうど1年に。絶対的には速くはなくても、フィーリングが絶品のエンジンは、アクセルを踏んだ分だけリニアに反応するところが最高とのこと。ハンドリングのキビキビ感も素晴らしく、走る・曲がる・止まるのバランスが高い次元でまとまっているそうです。

燃費は平均15km/Lで、スポーツ走行を愉しんでも2ケタを下回ることはないとのこと。普段使いでも特に不便は感じないものの、「本気過ぎる仕様のレカロシート」はちょっとやり過ぎという印象(笑)

その一方で、立体駐車のスロープを斜めに進入するとミシミシ音がするなど、ボディの上屋部分の剛性の低さが気になることもあり、中途半端さも感じさせるようですね。どうせなら、他のコンプリートカーのようにスポット溶接増しをして欲しかったとのことでありました。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!